国名 ベラルーシ共和国
英語 Republic of Belarus
首都 ミンスク
独立年 1991年
主要言語 ベラルーシ語、ロシア語
面積 (千Km2) 208
人口 (百万人) 9.4
通貨単位 ベラルーシ・ルーブル
宗教 ロシア正教(84%)、カトリック(7%)、その他(3%)、無宗教(6%)
主要産業 加工業(23.2%)、商業(12.1%)、農林畜産業(7.7%)、建設業(6.9%)






ミール城(Mir Castle)
フロドナ州の町ミールにある城。16世紀前半に地元の有力者によりゴシック様式で建造。
16世紀後半にリトアニア大公国およびポーランド王国の貴族ラジビウ家の手に渡り、ルネサンス様式に改築された。

五つの塔をもつ城壁に囲まれ、赤レンガを多用した外観で知られる。
2000年に「ミール地方の城と関連建物群」( Mir Castle Complex)の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。



歴史

早くから東スラブ人がこの地に住みつき、8~9世紀にはすでにミンスク、ポロツクなどに小公国が形成されていた。
13~14世紀リトアニアに併合され、その後リトアニアとポーランドの連合に伴ってポーランドの支配下に入った。

18世紀末3回に及ぶポーランド分割の結果、ロシア領となった。
1919年、白ロシア・ソビエト社会主義共和国が成立、1922年、ソ連に加盟した。
その後、1991年8月、独立を宣言して現国名に改め、独立国家共同体 CISに加盟した。


ベラルーシは、地下資源として泥炭、岩塩、カリウム塩、リン灰石などがある。
農業はアマ、ジャガイモ、コムギの栽培、ウシ、ブタの飼育が盛ん。
機械 (ダンプカー、トラクタ、オートバイ、自転車、時計) 、化学 (石油、カリウム) 、木材加工、繊維 (アマ) 、食品などの工業が発達している。
鉄道・道路網が発達し、モスクワと東ヨーロッパを結ぶ路線が国内を通る。またバルト海と黒海を結ぶ水路も通っている。