国名 エストニア共和国
英語 Republic of Estonia
首都 タリン
独立年 1991年
主要言語 エストニア語
面積 (千Km2) 45
人口 (百万人) 1.3
通貨単位 ユーロ
宗教 プロテスタント(ルター派)、ロシア正教等
主要産業 製造業、卸売・小売、不動産、運輸、建設等。製造業は、主に機械、木材、製紙、家具、食品、金属、化学等



タリン(Tallinn)の旧市街
エストニアの首都タリンは、バルト海のフィンランド湾に面する港湾都市。
1285年、ハンザ同盟に加わり、貿易港となって発展。
1710年、ロシア領となり、皇帝ピョートル1世はここにバルチック艦隊の根拠地を築いた。

その後エストニアのソビエト連邦編入に伴ってソ連領となり、1991年、独立とともに首都となった。
トンペア城、聖ニコライ聖堂、聖オライ聖堂、ギルドホール、市庁舎など 13~18世紀の古い建築物が保存される旧市街は、1997年、世界遺産の文化遺産に登録された。



歴史

BC500年頃、エストニア人(ウラル語族)の諸部族が現在地 (バルト海沿岸) に居住。

13世紀初頭、デーン人に征服され、14世紀中頃、ドイツ騎士団の支配下に入った。
以後 20世紀初頭まで国内におけるドイツ系貴族の支配が確立。

(ドイツ騎士団とは、十字軍時代に創立された宗教騎士団のひとつ。
主にバルト海沿岸のスラブ系民族のキリスト教化に努め、プロイセン王国の基を築いた)

16世紀、スウェーデン、デンマーク、モスクワ、ポーランドに分割占領された。
17世紀中頃、一時スウェーデンの手に帰したが、18世紀初頭北方戦争でロシア領となった。

19世紀末より民族意識が高まり、1918年独立。
1940年、ソビエト連邦に編入され、エストニア・ソビエト社会主義共和国となった。

旧ソ連で生産・生活水準の最も高い共和国の一つであったが、1990年3月、独立を宣言。
1991年9月、独立を達成して現国名となり、国際連合に加盟した。

2004年、ヨーロッパ連合 EU、北大西洋条約機構 NATOに加盟。

オイルシェール (油母頁岩) やリン灰石などの地下資源に恵まれる。
主要産業はオイルシェールの採取、加工で、コフトラヤルベでガス化され、パイプラインでタリンやロシアのサンクトペテルブルグに送られる。

ほかに電子、ラジオ、造船、化学、セメント、ガラス、製紙、食品、繊維などの工業が発達。
農業は畜産中心であるが、ライ麦、ジャガイモ、アマ (亜麻) などの栽培も行なわれる。
鉄道、道路の路線密度は高く、海港タリンや空路により内外の各地と結ばれている。