国名 カザフスタン共和国
英語 Republic of Kazakhstan
首都 アスタナ
独立年 1991年
主要言語 カザフ語、ロシア語
面積 (千Km2) 2725
人口 (百万人) 16.4
通貨単位 テンゲ
宗教 イスラム教(70.2%)、ロシア正教(26.3%)、仏教(0.1%)、無宗教(2.8%)、無回答(0.5%)
主要産業 鉱業、農業、冶金・金属加工



ゼンコフ正教会(Zenkov Cathedral)
パンフィロフ公園の中央に立つロシア正教会。
木造建築の建物としては、世界第2位の高さを誇り、釘が一本も使われていないにもかかわらず、1911年の大地震の際にも倒れなかったことで知られている。
ソ連時代は、博物館や文化センターとして使用されていたが、1990年代に再びロシア正教会としての地位が回復された。



歴史

キプチャク草原地帯(ステップ)で遊牧生活を送っていたトルコ系カザフ人は、13世紀のモンゴルの進出以来、キプチャク・ハン国の支配下にあった。
14世紀の末ごろから、キプチャク・ハン国は内紛と西方のリトアニア、東方のティムール帝国の侵攻を受け次第に衰退していった。

キプチャク・ハン国衰退後は、カザフ人の部族社会が続いていたが、18世紀中ごろまでにロシアの勢力がおよび、東に隣接する清朝の侵入も受ける。
19世紀中ごろまでにロシア領とされ、ロシア化が進んだ

ロシア革命後の1920年に成立したキルギス自治共和国が、1925年にカザフ自治共和国と改称、1936年、カザフ・ソビエト社会主義共和国としてソビエト連邦構成共和国となった。
1991年 12月にカザフスタン共和国に変更し独立。独立国家共同体 CISに加盟する。

1992年3月国際連合加盟。
1993年1月新憲法を採択し、カザフ語を唯一の公用語と定め、首都アルマアタをアルマトイと改称したが、1997年交通の要地であるアクモラ (1998年アスタナと改称) へ遷都した。


カザフスタンは、鉱物資源に富み、マングイシラク半島で石油と天然ガス、カラガンダ、エキバストゥーズで石炭と褐炭、クスタナイ州で鉄鉱、ジェズカズガン州で銅鉱、アルタイ山地で多金属鉱、レニノゴルスクで鉛と亜鉛がそれぞれ採掘されている。

工業部門では機械 (鉱山、農業、輸送、電気) 、化学 (肥料、合成ゴム、合繊) 、皮革、食品などが行なわれる。
農業では北部で春コムギ、ヒマワリ、南部の灌漑地でイネ、テンサイ、タバコなどが栽培され、乾燥地域で牧羊が行なわれる。

鉄道・道路網は北部で密であるが、南北線も数本あり、航空路線も発達している。またカスピ海、アラル海、バルハシ湖、イルトゥイシ川が水運に利用されている。