国名 キルギス共和国
英語 Kyrgyz Republic
首都 ビシュケク
独立年 1991年
主要言語 キルギス語、ロシア語
面積 (千Km2) 199
人口 (百万人) 5.5
通貨単位 ソム
宗教 主としてイスラム教スンニ派(75%)、ロシア正教(20%)、その他(5%)
主要産業 農業・畜産業(GDPの約3割)、鉱業(金採掘)






プラナの塔(The Burana Tower)
ベラサグン(Balasagun)は、10世紀から13世紀まで続いたトルコ系の王朝で、カラハン朝の中心都市の一つとされている。
この王朝は12世紀、中国の華北からやってきたカラキタイ(西遼)に滅ぼされる。

プラナの塔は、11世紀に建てられたが、当時はカラハン朝の遺跡のひとつで高さが45メートルあったといわれる。
しかし、15世紀の地震で崩壊し、現在は24メートルになっている。
この塔の周辺は石人が展示され野外博物館となっている。



歴史

キルギス人は紀元前よりエニセイ川上流域に居住していたが、13世紀テンシャン山脈西部に移動したと考えられる。
19世紀後半ロシアの支配下に入り、1924年カラキルギス自治州成立。

1926年、キルギス自治共和国、1936年、キルギス・ソビエト社会主義共和国としてソビエト連邦構成共和国となった。
1991年、キルギスタン共和国として独立。独立国家共同体 CISに加盟。
首都名をフルンゼからビシケクに改称した。

1992年3月、国際連合加盟。 1993年新憲法を採択し、国名をキルギス共和国に改称。


キルギス人は長い間遊牧生活を続けてきたが、現在は定住し、住民の半数以上が農村に居住する。
その多くは牧羊に従事するが、ビシケク周辺、ナルイン川沿岸、イスイククリ湖沿岸の平地では灌漑農業が行なわれ、ワタ、コムギ、テンサイ、タバコ、果樹などが栽培される。

石炭、石油、水銀、タングステン、亜鉛などの地下資源に恵まれ、これらの採取業も発展している。
工業部門では機械 (農業、電気)、繊維 (絹、綿、縫製)、食品などの工業が主要なものである。

また水力資源にも恵まれ、その開発が進んでいる。
山国であるため鉄道交通は未発達で、ハイウェーと航空路が主要交通路である。