国名 ラトビア共和国
英語 Republic of Latvia
首都 リガ
独立年 1991年
主要言語 ラトビア語
面積 (千Km2) 65
人口 (百万人) 2.2
通貨単位 ユーロ
宗教 プロテスタント(ルター派)、カトリック、ロシア正教
主要産業 食品加工、木材、鉄鋼、電気・電子機器







リガ(Riga)
ラトビアの首都リガは、バルト海のリガ湾に注ぐダウガバ (西ドビナ) 川の河口から約 15km上流にある港湾都市。
右岸の旧市街を中心に発展、市域は左岸にも広がっている。
1201年記録に現れ、1282年ハンザ同盟に加わり、バルト海沿岸地方の重要な交易中心地となった。
1997年、世界遺産の文化遺産に登録された旧市街には 13世紀創建のドムスカヤ聖堂、14世紀の城など古い建築物が保存されている。



歴史

紀元前よりインド・ヨーロッパ語族に属する言語をもつバルト族が居住し、牧畜と農耕を中心に発展。
12世紀にはバルト族のラトビア人による国家も出現したが、13世紀ドイツ騎士団、16世紀ポーランド、スウェーデン、18世紀ロシアの支配下に入った。

1918年、独立したが、1940年、ソビエト連邦に編入され、ラトビア・ソビエト社会主義共和国として、ソ連で生産・生活水準の最も高い共和国の一つとなった。
1990年5月、独立を宣言し、1991年9月、独立を達成して現国名となり、国際連合に加盟。
2004年にはヨーロッパ連合 EU、北大西洋条約機構 NATOに加盟。


ラトビアの主要工業は電機、電子、鉄道車両、医薬品、製紙、化学繊維、家具、食品 (水産物加工、食肉、乳製品) など。
主要農業部門は酪農と養豚で、ベーコン製造が盛ん。また海岸と鉱泉地が保養地として利用される。

古くから琥珀の産地として知られる。
国内は鉄道・道路網が発達し、バルト海の海運の中心地でもある。