松田聖子(まつだ せいこ)     

1962年(昭和37年)3月10日福岡県久留米市生まれ。堀越高校卒。本名、蒲池法子(かまち のりこ)

1979年(昭和54年)「ミス・セブンティーンコンテスト」の九州地区大会で優勝し、上京。
翌1980年にシングル「裸足の季節」でデビューを果たす。

3rdシングル「風は秋色」(1980年)から「旅立ちはフリージア」(1988年)まで、24曲連続でオリコンシングルチャート1位という偉業を達成。
その高い音楽性と個性的な歌声により、国民的ポップス歌手の地位を不動のものとした。

また「聖子ちゃんカット」から「ビビビ婚」まで、さまざまなブームの火付け役でもあり、つねにその動向を注目されている。


1985年(昭和60年)交際していた歌手・郷ひろみと破局、映画「カリブ・愛のシンフォニー」で共演した神田正輝と結婚。

1986年(昭和61年)長女(沙也加)を出産し、「ママドル」の走りとなる。
1988年(昭和63年)ブランド「フローレスセイコ」を発表。
1990年(平成2年)米国進出のためアルバム「Seiko」を製作。

1996年(平成8年)シングル「あなたに逢いたくて〜 Missing You 〜」が8年ぶりのオリコンシングルチャート1位、
売り上げ130万枚を突破し、自身最大のヒット曲となる。

1997年(平成9年)神田と離婚。1998年(平成10年)歯科医と再婚。
2000年(平成12年)歯科医と離婚、かつて恋人関係にあった郷ひろみとデュエット曲「True Love」を発表し、話題となる。

2001年(平成13年)長女・SAYAKAがデビュー、CMで母子共演も果たす。