若尾文子 (わかおあやこ)

1933年(昭和8年)11月8日生まれ。東京出身。宮城第二女子高中退。

1951年(昭和26年)大映に入社。翌年、急病で倒れた久我美子の代役「死の街を脱れて」でデビュー。
1953年(昭和28年)「十代の性典」がヒット、マスコミから性典女優と酷評されるも知名度は急上昇。

同年、溝口健二監督「祇園囃子」で熱演が高く評価され、入社わずか二年で大映の看板スターとなった。

1971年(昭和46年)の大映倒産以降はテレビで活躍。
1983年(昭和58年)建築家・黒川紀章と結婚。黒川には妻子があり、いわば「略奪婚」であった。

1988年(昭和63年)の「武田信玄」では信玄の実母及びナレーションをこなし
「今宵はここまでに致しとうござりまする」が流行語大賞となり、お茶の間に広く知られた。















代表作品

大映「十代の性典」(若尾文子、南田洋1983年子、東野英治郎)1953年(昭和28年)
大映「
祇園囃子」(木暮実千代、若尾文子、浪花千栄子)1953年(昭和28年)

大映「赤線地帯」(京マチ子、若尾文子、木暮実千代)1956年(昭和31年)
大映「朱雀門」(若尾文子、市川雷蔵、山本富士子、三宅邦子)1957年(昭和32年)

大映「忠臣蔵」(長谷川一夫、市川雷蔵、淡島千景、山本富士子、若尾文子)1958年(昭和33年)
大映「浮草」(中村鴈治郎、京マチ子、若尾文子、川口浩、杉村春子)1959年(昭和34年)

大映「
初春狸御殿」(市川雷蔵、若尾文子、勝新太郎、中村玉緒)1959年(昭和34年)
大映「女は二度生まれる」(若尾文子、藤巻潤、フランキー堺)1961年(昭和36年)

大映「妻は告白する」(若尾文子、川口浩、小沢栄太郎、馬淵晴子、根上淳)1961年(昭和36年)
大映「雁の寺」(若尾文子、三島雅夫、中村鴈治郎)1962年(昭和37年)

大映「
その夜は忘れない」(若尾文子、田宮二郎、川崎敬三、江波杏子)1962年(昭和37年)
大映「しとやかな獣」(若尾文子、伊藤雄之助、山岡久乃、川畑愛光)1962年(昭和37年)

大映「瘋癲老人日記」(若尾文子、山村聡、東山千栄子、川崎敬三)1962年(昭和37年)
大映「越前竹人形」(若尾文子、山下洵一郎、中村玉緒、西村晃)1963年(昭和38年)

大映「女系家族」(若尾文子、高田美和、鳳八千代、京マチ子、田宮二郎)1963年(昭和38年)
大映「清作の妻」(若尾文子、田村高広、清川玉枝、殿山泰司、千葉信男)1965年(昭和40年)

大映「華岡青洲の妻」(市川雷蔵、若尾文子、高峰秀子)1967年(昭和42年)
大映「不信のとき」(若尾文子、田宮二郎、岡田茉莉子、加賀まりこ)1968年(昭和43年)

松竹「男はつらいよ 純情篇」(渥美清、倍賞千恵子、若尾文子、森繁久彌)1971年(昭和46年)