岡田英次(おかだえいじ) (1920-1995)

1920年(大正9年)6月13日生まれ。千葉県銚子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。

1946年(昭和21年)村山知義の第2次新協劇団に入団。
1949年(昭和24年)松竹「花の素顔」で映画デビュー。

1950年(昭和25年)今井正監督「また逢う日まで」で久我美子の相手役を演じたことで一躍注目を浴びた。
その後「おかあさん」「山びこ学校」「ひめゆりの塔」「ここに泉あり」など話題作に次々と出演。

1959年(昭和34年)アラン・レネ監督の「
二十四時間の情事」に出演。世界的にも知られることに。
以来、個性的な演技派俳優として数多くの映画、テレビに出演した。
1995年(平成7年)9月14日死去。75歳。











代表作品

松竹「花の素顔」(木暮実千代、折原啓子、佐分利信、若原雅夫、岡田英次)1949年(昭和24年)
東映「女の顔」(水戸光子、岡田英次、竜崎一郎、杉葉子、岡村文子)1949年(昭和24年)

東宝「また逢う日まで」(久我美子、岡田英次、杉村春子、滝沢修)1950年(昭和25年)
松竹「泣きぬれた人形」(美空ひばり、桂木洋子、千石規子、岡田英次)1951年(昭和26年)

新東宝「
おかあさん」(田中絹代、香川京子、岡田英次、三島雅夫、榎並啓子)1952年(昭和27年)
北星「山びこ学校」(木村功、滝沢修、杉葉子、岡田英次) 1952年(昭和27年)

東映「ひめゆりの塔」(津島恵子、香川京子、岡田英次、藤田進)1953年(昭和28年)
新東宝「人間魚雷回天」(木村功、津島恵子、岡田英次、和田孝、宇津井健)1955年(昭和30年)

松竹「ここに泉あり」(岡田英次、岸恵子、小林桂樹、成瀬昌彦、加東大介)1955年(昭和30年)
大映「二十四時間の情事」(岡田英次、エマニュエル・リヴァ)1959年(昭和34年)

東映「新吾十番勝負」(大川橋蔵、岡田英次、長谷川裕見子、桜町弘子、月形龍之介) 1959
東映「新吾十番勝負 第二部」(大川橋蔵、岡田英次、月形龍之介、長谷川裕見子、大川恵子)1959

東映「新吾十番勝負 第三部」(大川橋蔵、岡田英次、長谷川裕見子、佐久間良子、月形龍之介)1960
東映「新吾十番勝負 完結篇」(大川橋蔵、岡田英次、長谷川裕見子、大友柳太朗、大川恵子)1960

松竹「五瓣の椿」(岩下志麻、加藤剛、左幸子、岡田英次、田村高広、西村晃)1964年(昭和39年)
東宝「他人の顔」(仲代達矢、京マチ子、平幹二朗、岸田今日子、岡田英次)1966年(昭和41年)

松竹「宴」(岩下志麻、川辺久造、水戸光子、田村高広、岡田英次)1967年(昭和42年)
大映「女体」(浅丘ルリ子、岡田英次、岸田今日子、川津祐介)1969年(昭和44年)