三波春夫(みなみはるお) (1923-2001)

1923年(大正12年)7月19日新潟県生れ。本名北詰文司(きたづめぶんじ)。
13歳で上京、16歳で日本浪曲学校に入学し、のち南篠文若(なんじょうふみわか)の芸名で初舞台を踏んだ。

20歳で陸軍に入隊し、第2次世界大戦後はソ連で抑留生活を送った。
帰国後、浪曲から歌謡曲に転じ、1957年(昭和32年)三波春夫として「チャンチキおけさ/船方さんよ」で歌謡界デビュー。
「雪の渡り鳥」「大利根無情」などを大ヒットさせた。

一方で、東京オリンピックのテーマソング「東京五輪音頭」や日本万国博覧会(大阪万博)のテーマソング
「世界の国からこんにちは」は、国民の高度経済成長感を盛り上げた。

明るい歌声と派手な衣裳、笑顔と旺盛なサービス精神、そして(お客様は神様です)というキャッチフレーズで
国民的歌手として親しまれた。
1976年(昭和51年)度と1982年(昭和57年)度の文化庁芸術祭優秀賞を受賞した。