高峰秀子 (たかみねひでこ)(1924-2010)

1924年(大正13年)3月27日北海道函館生まれ。本名、平山秀子(ひらやまひでこ)

1929年(昭和4年)5歳のときに松竹蒲田撮影所で子役デビュー。「デコちゃん」の愛称で親しまれた。
幼いころから大勢の家族を養ってきた私的な苦境はおくびにも出さず、一向に女優ぶらない。

絵や文にもおちゃめな才能を発揮して、三船敏郎を「ディズニーのオオカミ」、宇野重吉を「ジャガイモ」、
恋仲を噂された黒澤明監督をさえ「特異児童」とズバリ表現した。

成瀬巳喜男監督の「浮雲」が公開された昭和30年、木下恵介の助監督だった松山善三と結婚。

彼が脚本を書き、木下が監督をした「遠い雲」で第一回「キネマ旬報女優賞」を受けるなど、
子役出身は大成しないという定説を覆して大女優の道を歩き続けた。

女優引退後はエッセイスト、脚本家として活躍。2010年(平成22年)12月28日死去。86歳。










東海林太郎と高峰秀子

1934年(昭和9年)、東海林太郎が日比谷公会堂で「赤城の子守唄」を歌った時、
高峰秀子は背負われる子役として出演。

秀子をすっかり気に入った東海林は「歌とピアノをみっちり仕込む」と説得、
養女として東海林家に同居することになった。

東海林の秀子に対する溺愛ぶりは尋常ではなく、秀子を片時も離さず、地方の公演先にまで連れていくほどだった。
東海林家へ入る時の条件だったピアノと歌のレッスンも結局お預けになってしまった。








代表作品

松竹「母」(島田嘉七、川田芳子、小藤田正一、高峰秀子)1929年(昭和4年)
松竹「レヴューの姉妹」(八雲恵美子、筑波雪子、高峰秀子、岩田祐吉)1930年(昭和5年)

松竹「大東京の一角」(斎藤達雄、竜田静枝、高峰秀子、新井淳)1930年(昭和5年)
松竹「麗人」(栗島すみ子、岩田祐吉、二葉かほる、高峰秀子)1930年(昭和5年)

松竹「東京の合唱」(岡田時彦、八雲恵美子、菅原秀雄、高峰秀子)1931年(昭和6年)
松竹「七つの海 前篇」(岩田祐吉、若水絹子、川崎弘子、高峰秀子)1931年(昭和6年)

松竹「情熱 ラ・パシオン」(日守新一、村瀬幸子、高峰秀子、花岡菊子)1932年(昭和7年)
松竹「七つの海 後篇」(川崎弘子、高峰秀子、若水絹子、武田春郎)1932年(昭和7年)

松竹「陽気なお嬢さん」(伊達里子、武田春郎、鈴木歌子、高峰秀子)1932年(昭和7年)
松竹「ぬき足さし足」(高山義郎、山口勇、高峰秀子)1934年(昭和9年)

松竹「花嫁かるた」(上原謙、桑野通子、高杉早苗、水戸光子、高峰秀子)1937年(昭和12年)
松竹「花籠の歌」(田中絹代、佐野周二、徳大寺伸、高峰秀子、笠智衆)1937年(昭和12年)

東宝「綴方教室」(高峰秀子、小高まさる、水谷史郎、清川虹子)1938年(昭和13年)
東宝「虹立つ丘」(岸井明、高峰秀子、神田千鶴子、御橋公、村瀬幸子)1938年(昭和13年)

東宝「新篇 丹下左膳 隻眼の巻」(大河内伝次郎、山田五十鈴、高峰秀子)1939年(昭和14年)
東宝「新篇 丹下左膳 恋車の巻」(大河内伝次郎、山田五十鈴、高峰秀子)1940年(昭和15年)

東宝「馬」(高峰秀子、藤原鶏太、竹久千恵子、二葉かほる)1941年(昭和16年)
東宝「秀子の車掌さん」(高峰秀子、藤原鶏太、夏川大二郎、勝見庸太郎)1941年(昭和16年)

東宝「昨日消えた男」(長谷川一夫、山田五十鈴、徳川夢声、高峰秀子)1941年(昭和16年)
東宝「婦系図」(長谷川一夫、山田五十鈴、高峰秀子、古川緑波)1942年(昭和17年)

東宝「続婦系図」(長谷川一夫、山田五十鈴、高峰秀子、古川緑波)1942年(昭和17年)
東宝「ハナ子さん」(轟夕起子、灰田勝彦、高峰秀子、山本礼三郎、英百合子)1943年(昭和18年)

東宝「勝利の日まで」(山田五十鈴、市丸、徳川夢声、古川緑波、高峰秀子)1945年(昭和20年)
新東宝「幸福への招待」(大河内伝次郎、高峰秀子、花井蘭子)1947年(昭和22年)

東宝「三百六十五夜 東京篇」(上原謙、山根寿子、高峰秀子、大日方伝)1948年(昭和23年)
東宝「三百六十五夜 大阪篇」(上原謙、山根寿子、高峰秀子、大日方伝)1948年(昭和23年)

東宝「銀座カンカン娘」(高峰秀子、灰田勝彦、笠置シヅ子、岸井明、古今亭志ん生)1949年(昭和24年)
新東宝「細雪」(花井蘭子、轟夕起子、山根寿子、高峰秀子、伊志井寛)1950年(昭和25年)

新東宝「宗方姉妹」(田中絹代、高峰秀子、山村聡、上原謙、笠智衆、高杉早苗)1950年(昭和25年)
松竹「我が家は楽し」(山田五十鈴、高峰秀子、岸恵子、佐田啓二、笠智衆)1951年(昭和26年)

松竹「カルメン故郷に帰る」(高峰秀子、小林トシ子、佐野周二、井川邦子)1951年(昭和26年)
松竹「カルメン純情す」(高峰秀子、淡島千景、若原雅夫、東山千栄子)1952年(昭和27年)

大映「稲妻」(高峰秀子、三浦光子、浦辺粂子、小沢栄、根上淳、香川京子)1952年(昭和27年)
新東宝「煙突の見える場所」(上原謙、田中絹代、芥川比呂志、高峰秀子)1953年(昭和28年)

大映「雁」(高峰秀子、芥川比呂志、宇野重吉、東野英治郎)1953年(昭和28年)
松竹「女の園」(高峰秀子、久我美子、高峰三枝子、岸恵子)1954年(昭和29年)

松竹「二十四の瞳」(高峰秀子、田村高広、笠智衆)1954年(昭和29年)
松竹「遠い雲」(高峰秀子、佐田啓二、高橋貞二、田村高広)1955年(昭和30年)

東宝「
浮雲」(高峰秀子、森雅之、中北千枝子、岡田茉莉子、加東大介、山形勲)1955年(昭和30年)
東宝「渡り鳥いつ帰る」(田中絹代、森繁久彌、高峰秀子、淡路恵子、岡田茉莉子)1955年(昭和30年)

東宝「妻の心」(三好栄子、千秋実、小林桂樹、高峰秀子)1956年(昭和31年)
松竹「子供の眼」(高峰三枝子、高峰秀子、笠智衆)1956年(昭和31年)

東宝「流れる」(田中絹代、山田五十鈴、高峰秀子、岡田茉莉子、杉村春子)1956年(昭和31年)
大映「
新平家物語 義仲をめぐる三人の女」(長谷川一夫、山本富士子、高峰秀子)1956年(昭和31年)

松竹「喜びも悲しみも幾歳月」(佐田啓二、高峰秀子、桂木洋子、三井弘次)1957年(昭和32年)
松竹「張込み」(大木実、宮口精二、菅井きん、高峰秀子)1958年(昭和33年)

東宝「
女が階段を上る時」(高峰秀子、森雅之、仲代達矢、中村鴈治郎、淡路恵子)1960年(昭和35年)
東宝「娘・妻・母」(三益愛子、森雅之、原節子、高峰秀子、宝田明、草笛光子)1960年(昭和35年)

松竹「笛吹川」(高峰秀子、田村高広、市川染五郎、岩下志麻、川津祐介)1960年(昭和35年)
東宝「名もなく貧しく美しく」(高峰秀子、小林桂樹、草笛光子、加山雄三)1961年(昭和36年)

松竹「永遠の人」(高峰秀子、佐田啓二、仲代達矢、乙羽信子、田村正和)1961年(昭和36年)
東宝「妻として女として」(高峰秀子、淡島千景、森雅之、星由里子、仲代達矢)1961年(昭和36年)

東宝「女の座」(笠智衆、高峰秀子、司葉子、星由里子、淡路恵子、杉村春子)1962年(昭和37年)
東宝「ぶらりぶらぶら物語」(小林桂樹、高峰秀子、三木のり平、松村達雄)1962年(昭和37年)

東宝「女の歴史」(高峰秀子、宝田明、山崎努、仲代達矢、星由里子、淡路恵子)1963年(昭和38年)
東宝「乱れる」(高峰秀子、加山雄三、草笛光子、白川由美、三益愛子、浜美枝)1964年(昭和39年)

大映「鬼の棲む舘」(勝新太郎、高峰秀子、新珠三千代、佐藤慶)1969年(昭和44年)
東宝「恍惚の人」(森繁久彌、高峰秀子、田村高広、乙羽信子)1973年(昭和48年)

東宝「スリランカの愛と別れ」(北大路欣也、栗原小巻、小林桂樹、高峰秀子)1976年(昭和51年)