植木等 (うえきひとし)(1927-2007)

1927年(昭和2年)2月25日生まれ。三重県出身。東洋大卒。

1939年(昭和14年)14歳の時、僧侶としての修行をするため上京。東京駒込の真浄寺の小僧になる。

1944年(昭和19年)東洋大学国漢科に入学。在学中からバンドボーイのアルバイトを始める。
この時代に知り合ったのが植木よりも3歳年下の若いドラマー、ハナ肇(野々山定夫)だった。

1950年(昭和25年) 大学卒業後、「萩原哲晶とデューク・オクテット」にギタリストとして加入。
デューク・オクテットのドラマーはハナ肇で、再び顔を合わせることとなった。

1956年(昭和31年)谷啓らと出会い「クレージーキャッツ」を結成。
日本テレビ「シャボン玉ホリデー」や歌「スーダラ節」のヒット、東宝「ニッポン無責任時代」で
新タイプのコメディアンとして人気をあつめた。

1986年(昭和61年)松竹「新・喜びも悲しみも幾歳月」などで脇役を好演 (日本アカデミー賞最優秀助演男優賞)。
1993年(平成5年)11月3日 紫綬褒章受章。1999年(平成11年)4月29日 勲四等旭日小綬章受章。

2007年(平成19年)3月27日死去。80歳。






代表作品

東宝「ニッポン無責任時代」(植木等、ハナ肇、谷啓、桜井センリ)1962
東宝「
日本一のゴマすり男」(植木等、浜美枝、中尾ミエ、藤田まこと、東野英治郎)1965

東宝「クレージー大作戦」(植木等、ハナ肇、谷啓、犬塚弘、桜井センリ)1966
東宝「日本一の男の中の男」(植木等、浅丘ルリ子、岡田真澄、東野英治郎、藤岡琢也)1967

東宝「刑事物語 くろしおの詩」(武田鉄矢、神保美喜、ガッツ石松、植木等)1985
松竹「
新・喜びも悲しみも幾歳月」(加藤剛、大原麗子、中井貴一、植木等)1986