芦川いづみ(あしかわいづみ)

1935年(昭和10年)10月6日生まれ。東京出身。
1952年(昭和27年)、松竹歌劇団(SKD)付属音楽舞踊学校に入学。

1953年(昭和28年)、ファッション・ショーに出演中、偶然いあわせた松竹の川島雄三監督
に認められ「東京マダムと大阪夫人」に、月丘夢路の妹役でデビュー。

1955年(昭和30年)、日活に移った川島監督の推薦で松竹歌劇団を退団し日活に入社。

その後、「幕末太陽伝」などの川島監督の作品をはじめ、様々な役に挑戦し、
松竹から移ってきていた北原三枝とともに日活の中心的な存在となった。

1956年(昭和31年)、田坂具隆監督の「乳母車」で石原裕次郎と初共演。

裕次郎はこの作品の演技で、新しい魅力を遺憾なく発揮し代表作の一つとしたが、
芦川もさわやかな演技で人気を不動のものとした。

以降、北原三枝とともに裕次郎の相手役として欠かせない存在となる。
若い浅丘ルリ子にその座を譲ってからも日活を代表するトップ女優として活躍した。

1968年(昭和43年)、俳優の藤竜也との結婚で女優業を引退。











代表作品

松竹「東京マダムと大阪夫人」(三橋達也、月丘夢路、大坂志郎、芦川いづみ)1953年(昭和28年)
日活「風船」(森雅之、芦川いづみ、三橋達也、北原三枝、新珠三千代、左幸子)1956年(昭和31年)

日活「乳母車」(石原裕次郎、宇野重吉、山根寿子、芦川いづみ、新珠三千代 )1956年(昭和31年)
日活「洲崎パラダイス赤信号」(新珠三千代、三橋達也、轟夕起子、芦川いづみ) 1956年(昭和31年)

日活「嵐を呼ぶ男」(石原裕次郎、北原三枝、芦川いづみ、青山恭二、岡田真澄)1957年(昭和32年)
日活「幕末太陽伝」(フランキー堺、左幸子、南田洋子、石原裕次郎、芦川いづみ)1957年(昭和32年)

日活「お転婆三人姉妹 踊る太陽」(轟夕起子、浅丘ルリ子、芦川いづみ、津川雅彦)1957年(昭和32年)
日活「江戸の小鼠たち」(津川雅彦、長門裕之、芦川いづみ、坂東好太郎)1957年(昭和32年)

日活「誘惑」(千田是也、左幸子、芦川いづみ、長岡輝子、轟夕起子)1957年(昭和32年)
日活「陽のあたる坂道」(石原裕次郎、千田是也、轟夕起子、北原美枝、芦川いづみ)1958年(昭和33年)

日活「美しい庵主さん」(小林旭、浅丘ルリ子、芦川いづみ、東山千栄子)1958年(昭和33年)
日活「ゆがんだ月」(長門裕之、芦川いづみ、南田洋子、赤木圭一郎)1959年(昭和34年)

日活「霧笛が俺を呼んでいる」(赤木圭一郎、葉山良二、吉永小百合、芦川いづみ)1960年(昭和35年)
日活「あじさいの歌」(石原裕次郎、芦川いづみ、東野英治郎、轟夕起子、大坂志郎)1960年(昭和35年)

日活「
あいつと私」(石原裕次郎、吉永小百合、芦川いづみ、酒井和歌子)1961年(昭和36年)
日活「憎いあンちくしょう」(石原裕次郎、浅丘ルリ子、芦川いづみ、長門裕之)1962年(昭和37年)

日活「青い山脈」(吉永小百合、浜田光夫、高橋英樹、芦川いづみ、南田洋子)1963年(昭和38年)
日活「若草物語」(浅丘ルリ子、吉永小百合、芦川いづみ、和泉雅子)1964年(昭和39年)

日活「四つの恋の物語」(吉永小百合、芦川いづみ、和泉雅子、十朱幸代)1965年(昭和40年)
日活「大幹部 無頼」(渡哲也、松原智恵子、芦川いづみ、松尾嘉代)1968年(昭和43年)