藤山一郎 (ふじやまいちろう)(1911-1993)

明治44年4月8日生まれ。東京出身。東京音楽学校(現東京芸大)卒。
本名は増永丈夫(ますながたけお)。

学生時代にふきこんだ「酒は涙か溜息(ためいき)か」「丘を越えて」がヒット、
以後「影を慕いて」など数多くの古賀メロディーを歌う。

戦後は「青い山脈」などのヒット曲で国民的歌手として親しまれた。
平成4年国民栄誉賞。平成5年8月21日死去。82歳。