井川邦子(いがわくにこ) (1923-2012)

1923年(大正12年)10月15日東京生まれ。一ツ橋家政女学校卒。本名、野中敏子(のなかとしこ)

1940年(昭和15年)松竹に入り、同年、河野敏子の芸名で「絹代の初恋」で映画デビュー。
戦後、井川邦子と改名し、木下恵介、小津安二郎など巨匠の作品に数多く出演。

中でも「カルメン故郷に帰る」「麦秋」など、温かみのある演技で人気女優の仲間入りをした。
1960年(昭和35年)「笛吹川」を最後に映画界を離れ、その後はテレビドラマに出演。

1977年(昭和52年)女優業引退後は神奈川県鎌倉市で喫茶店を経営し、悠々自適の生活を送っていた。
2012年(平成24年)10月4日死去。88歳没。













代表作品

松竹「絹代の初恋」(河村黎吉、田中絹代、河野敏子、佐分利信、水戸光子)1940年(昭和15年)
松竹「都会の奔流」(佐分利信、河村黎吉、木暮実千代、笠智衆、河野敏子)1940年(昭和15年)

松竹「冬木博士の家族」(高倉彰、川崎弘子、三浦光子、笠智衆、河野敏子)1940年(昭和15年)
松竹「戸田家の兄妹」(藤野秀夫、葛城文子、佐分利信、高峰三枝子、河野敏子)1941年(昭和16年)

松竹「兄妹会議」(斎藤達雄、川崎弘子、佐野周二、笠智衆、河野敏子)1942年(昭和17年)
松竹「京洛の舞」(阪東寿三郎、月形龍之介、高峰三枝子、河野敏子、吉川満子)1942年(昭和17年)

松竹「仮面の舞踏」(佐分利信、河野敏子、水戸光子、桑野通子)1943年(昭和18年)
松竹「生きてゐる孫六」(上原謙、葛城文子、吉川満子、原保美、河野敏子)1943年(昭和18年)

松竹「歓呼の町」(上原謙、東野英治郎、水戸光子、河野敏子)1944年(昭和19年)
松竹「女性の勝利」(田中絹代、桑野通子、高橋豊子、河野敏子)1946年(昭和21年)

松竹「
わが恋せし乙女」(原保美、井川邦子、東山千栄子、勝見庸太郎、増田順二)1946年(昭和21年)
松竹「結婚」(上原謙、田中絹代、東野英治郎、東山千栄子、井川邦子)1947年(昭和22年)

松竹「肖像」(井川邦子、小沢栄太郎、菅井一郎、東山千栄子、佐田啓二、桂木洋子)1948年(昭和23年)
大映「白鳥は悲しからずや」(東山千栄子、水戸光子、井川邦子、久我美子)1949年(昭和24年)

松竹「真昼の円舞曲」(田中絹代、東野英治郎、井川邦子、佐田啓二)1949年(昭和24年)
東映「執行猶予」(木暮実千代、佐分利信、井川邦子、徳大寺伸)1950年(昭和25年)

松竹「初恋問答」(山口淑子、佐分利信、佐野周二、宇佐美淳、井川邦子、高橋とよ)1950年(昭和25年)
松竹「カルメン故郷に帰る」(高峰秀子、小林トシ子、井川邦子、佐野周二、笠智衆)1951年(昭和26年)

松竹「麦秋」(原節子、笠智衆、淡島千景、三宅邦子、東山千栄子、井川邦子)1951年(昭和26年)
松竹「あの丘超えて」(美空ひばり、鶴田浩二、井川邦子、飯田蝶子、森川まさみ)1951年(昭和26年)

松竹「母恋草」(宮城千賀子、井川邦子、岸恵子、徳大寺伸、高橋貞二、高田稔)1951年(昭和26年)
松竹「旗本退屈男 江戸城罷り通る」(市川右太衛門、宮城千賀子、岸恵子、井川邦子)1952年(昭和27年)

松竹「
乙女の診察室」(岸恵子、紙京子、井川邦子、大木実、川喜多雄二)1953年(昭和28年)
大映「銭形平次捕物控 幽霊大名」(長谷川一夫、市川雷蔵、中村玉緒、井川邦子)1954年(昭和29年)

松竹「二十四の瞳」(高峰秀子、月丘夢路、井川邦子、小林トシ子、田村高広)1954年(昭和29年)
松竹「笛吹川」(高峰秀子、田村高広、市川染五郎、岩下志麻、川津祐介、井川邦子)1960年(昭和35年)