小林桂樹(こばやしけいじゅ)(1923-2010)

1923年(大正12年)11月23日群馬県高崎市生まれ。日本大学専門部芸術科中退。

1941年(昭和16年)大学中退後、日活に入社、翌年「微笑の国」の工員役でデビュー。
その後、大映を経て東宝に入り、「三等重役」などのサラリーマン物で注目を集め、
森繁久弥の「社長」シリーズで堅物秘書課長役を演じスターの地位を確立した。

若いころは軽妙でひょうひょうとした演技が持ち味で、戦中派サラリーマンの哀愁を描いた
「江分利満氏の優雅な生活」などで本領を発揮。

1958年(昭和33年)「裸の大将」で実在の画家・山下清を演じ、毎日映画コンクール主演男優賞を受賞。
知恵遅れを馬鹿にした映画と一部から非難されたが、劇中の台詞「兵隊の位にすると」は流行語になった。

中年期以降は渋みのある役柄を演じるようになり、小松左京原作「日本沈没」では、 日本の危機を示唆する
田所博士役で鬼気迫る演技を披露し大きな反響を呼んだ。

1960年代後半以降は、テレビでも活躍し、「それぞれの秋」「赤ひげ」「勝海舟」「仕掛人・藤枝梅安」
などのドラマや、「弁護士朝日岳之助」「牟田刑事官事件ファイル」などのシリーズ物に主演した。
1994年(平成6年)勲四等旭日小綬章を受章。2010年(平成22年)9月16日心不全のため死去。86歳没。







代表作品

映画

日活「微笑の国」(杉狂児、轟夕起子、小宮一晃、滝花久子、小林桂樹)1942年(昭和17年)
大映「
いつの日か花咲かん」(小林桂樹、三條美紀、春木隆、宮崎準之助、渥美進、船越英二)1947年(昭和22年)

新東宝「窓から飛び出せ」(汐見洋、大日方伝、轟夕起子、小林桂樹、岡村文子、香川京子)1950年(昭和25年)
東宝「めし」(上原謙、原節子、島崎雪子、杉村春子、小林桂樹、杉葉子、二本柳寛)1951年(昭和26年)

東宝「その人の名は云えない」(角梨枝子、風見章子、山村聡、田崎潤、三宅邦子、小林桂樹)1951年(昭和26年)
大映「偽れる盛装」(京マチ子、藤田泰子、滝花久子、進藤英太郎、村田知栄子、小林桂樹)1951年(昭和26年)

東宝「三等重役」(小川虎之助、三好栄子、関千恵子、河村黎吉、沢村貞子、森繁久彌、小林桂樹)1952年(昭和27年)
東宝「ラッキーさん」(小林桂樹、小泉博、島崎雪子、河村黎吉、沢村貞子、伊藤雄之助)1952年(昭和27年)

東宝「金の卵」(島崎雪子、滝花久子、増渕一夫、中北千枝子、斎藤史子、小林桂樹)1952年(昭和27年)
松竹「ここに泉あり」(岡田英次、岸恵子、小林桂樹、成瀬昌彦、加東大介、三井弘次、大滝秀治)1955年(昭和30年)

東宝「やがて青空」(小林桂樹、桂木洋子、斎藤達雄、沢村貞子、松島トモ子、浪花千栄子、力道山)1955年(昭和30年)
東宝「見事な娘」(小林桂樹、司葉子、笠智衆、沢村貞子、土屋嘉男、小泉博)1956年

東宝「驟雨」(佐野周二、原節子、香川京子、小林桂樹、加東大介)1956年(昭和31年)
東宝「殉愛」(鶴田浩二、八千草薫、小林桂樹、笠智衆、加東大介)1956年(昭和31年)

東宝「へそくり社長」(森繁久彌、越路吹雪、小林桂樹、八千草薫、三好栄子、司葉子)1956年(昭和31年)
東宝「はりきり社長」(森繁久彌、久慈あさみ、小林桂樹、司葉子、中田康子、三木のり平)1956年(昭和31年)

東宝「
新しい背広」(小林桂樹、八千草薫、久保明、北沢彪、水の也清美、草間璋夫、三田照子)1957年(昭和32年)
東映「社長三代記」(森繁久彌、越路吹雪、小林桂樹、雪村いづみ、加東大介、司葉子)1958年(昭和33年)

東宝「裸の大将」(小林桂樹、三益愛子、中山豊、野口ふみえ、市村俊幸、高堂国典、沢村貞子)1958年(昭和33年)
東宝「社長太平記」(森繁久彌、小林桂樹、加東大介、久慈あさみ、淡路恵子)1959年(昭和34年)

東宝「新・三等重役」(森繁久彌、小林桂樹、新珠三千代、雪村いづみ)1959年(昭和34年)
東宝「黒い画集」(小林桂樹、中北千枝子、平山瑛子、原知佐子、児玉清)1960年(昭和35年)

東宝「サラリーマン忠臣蔵」(森繁久彌、小林桂樹、池部良、新珠三千代、司葉子、三船敏郎)1960年(昭和35年)
東宝「名もなく貧しく美しく」(高峰秀子、小林桂樹、草笛光子、加山雄三)1961年(昭和36年)

東宝「
社長道中記」(森繁久彌、小林桂樹、加東大介、久慈あさみ、浜美枝、新珠三千代、淡路恵子)1961年(昭和36年)
東宝「小早川家の秋」(中村鴈治郎、原節子、新珠三千代、小林桂樹、司葉子、森繁久彌、宝田明)1961年(昭和36年)

東宝「別れて生きるときも」(高島忠夫、司葉子、板屋幸江、児玉清、小林桂樹、松村達雄)1961年(昭和36年)
東宝「椿三十郎」(三船敏郎、仲代達矢、小林桂樹、加山雄三、団令子、志村喬)1962年(昭和37年)

東宝「社長洋行記」(森繁久彌、久慈あさみ、中真千子、小林桂樹、英百合子、加東大介)1962年(昭和37年)
東宝「
風流温泉 番頭日記」(小林桂樹、司葉子、志村喬、三木のり平)1962年(昭和37年)

東宝「女の座」(高峰秀子、笠智衆、杉村春子、小林桂樹、淡路恵子、司葉子、星由里子)1962年(昭和37年)
東宝「社長漫遊記」(森繁久彌、久慈あさみ、小林桂樹、英百合子、加東大介)1963年(昭和38年)

東宝「社長外遊記」(森繁久彌、久慈あさみ、岡田可愛、加東大介、小林桂樹、フランキー堺)1963年(昭和38年)
東宝「江分利満氏の優雅な生活」(小林桂樹、司葉子、大空真弓、夏木陽介、水野久美、加東大介)1963年(昭和38年)

東宝「社長紳士録」(森繁久彌、久慈あさみ、岡田可愛、小林桂樹、加東大介、司葉子、フランキー堺)1964年(昭和39年)
東宝「侍」(三船敏郎、小林桂樹、松本幸四郎、新珠三千代、八千草薫、杉村春子、東野英治郎)1965年(昭和40年)

東宝「社長忍法帖」(森繁久彌、小林桂樹、司葉子、加東大介、フランキー堺、新珠三千代)1965年(昭和40年)
東宝「社長行状記」(森繁久彌、小林桂樹、司葉子、加東大介、フランキー堺、新珠三千代)1966年(昭和41年)

東宝「社長千一夜」(森繁久彌、久慈あさみ、小林桂樹、司葉子、フランキー堺、加東大介、新珠三千代)1967年(昭和42年)
東宝「社長繁盛記」(森繁久彌、久慈あさみ、小林桂樹、司葉子、酒井和歌子、岡田可愛)1968年(昭和43年)

東宝「首」(小林桂樹、古山桂治、鈴木良俊、南風洋子、下川辰平、宇留木康二)1968年(昭和43年)
東宝「社長えんま帖」(森繁久彌、久慈あさみ、岡田可愛、小林桂樹、司葉子、内藤洋子、加東大介)1969年(昭和44年)

東宝「社長学ABC」(森繁久彌、久慈あさみ、小林桂樹、司葉子、東野英治郎、内藤洋子、加東大介)1970年(昭和45年)
東宝「昭和ひとけた社長対ふたけた社長」(小林桂樹、酒井和歌子、東野英治郎、加東大介)1971年(昭和46年)

東宝「日本沈没」(小林桂樹、藤岡弘、いしだあゆみ、二谷英明、夏八木勲、丹波哲郎、松下達雄)1973年(昭和48年)
松竹「男はつらいよ 葛飾立志篇」(渥美清、倍賞千恵子、樫山文枝、桜田淳子、大滝秀治、小林桂樹)1975年(昭和50年)

東宝「スリランカの愛と別れ」(北大路欣也、栗原小巻、小林桂樹、津島恵子、高峰秀子)1976年(昭和51年)
東宝「ゴジラ」(小林桂樹、田中健、沢口靖子、宅麻伸)1984年(昭和59年)

東宝「マルサの女」(宮本信子、津川雅彦、山崎努、小林桂樹、大滝秀治)1987年(昭和62年)
東宝「耳をすませば」(本名陽子、高橋一生、小林桂樹、露口茂、室井滋)1995年(平成7年)



テレビドラマ

NHK「赤ひげ」(小林桂樹、あおい輝彦、浜木綿子、黒沢年男、仁科明子、柳生博)1972年(昭和47年)
TBS「それぞれの秋」(小林桂樹、小倉一郎、久我美子、林隆三、火野正平、桃井かおり)1973年(昭和48年)

NHK大河ドラマ「勝海舟」(渡哲也、松方弘樹、大原麗子、久我美子、江守徹、津川雅彦、小林桂樹)1974年(昭和49年)
フジ「江戸の旋風1」(加山雄三、田中邦衛、浜美枝、小林桂樹、樫山文枝)1975年(昭和50年)

NHK大河ドラマ「風と雲と虹と」(加藤剛、緒形拳、草刈正雄、吉永小百合、小林桂樹、新珠三千代)1976年(昭和51年)
フジ「江戸の渦潮」(小林桂樹、古谷一行、露口茂、左とん平、岡江久美子、東野英心)1978年(昭和53年)

フジ「江戸の激闘」(小林桂樹、露口茂、柴俊夫、石橋正次、夏木陽介、三浦浩一、左とん平)1979年(昭和54年)
フジ「江戸の朝焼け」(沖雅也、鹿賀丈史、小林桂樹、夏木陽介、渡辺篤史、長門裕之)1980年(昭和55年)

フジ「仕掛人・藤枝梅安」(小林桂樹、田村高広、神崎愛、賀原夏子)1982年(昭和57年)-1983年(昭和58年)
テレ朝「
牟田刑事官事件ファイル」(小林桂樹、津島恵子、丸山秀美)1983年(昭和58年)-2007年(平成19年)

NHK大河ドラマ「春の波濤」(松坂慶子、中村雅俊、風間杜夫、檀ふみ、淡島千景、小林桂樹)1985年(昭和60年)
日テレ「弁護士 朝日岳之助」(小林桂樹、薬丸裕英、榎木孝明)1989年(平成元年)-2005年(平成17年)

テレ朝「7人の女弁護士」(賀来千香子、岡江久美子、小林桂樹、佐藤友美、鳥越マリ、五十嵐いづみ)1991年(平成3年)
NHK「かりん」(細川直美、つみきみほ、榎木孝明、小林桂樹、岸田今日子、石坂浩二、十朱幸代)1993年(平成5年)