八千草薫 (やちぐさかおる)

昭和6年1月6日生まれ。大阪府出身。プール女学院中退。

清楚な美しさで宝塚歌劇団の娘役として人気を集め、昭和26年に「宝塚夫人」でデビュー。

三船敏郎主演の「
宮本武蔵」のお通役を経て日伊合作映画「蝶々夫人」のヒロインに抜擢。
数日間でイタリア語のセリフを覚えるという根性も見せて見事大役を演じきり国際的人気を得た。

昭和32年に宝塚を退団して映画監督の谷口千吉と結婚。本格的に映画女優としての道を歩み始める。
娘から母へと役どころは変わったが、変わらぬ美しさで日本女性の永遠の理想像を演じ続けている。









代表作品

映画
東宝「宮本武蔵」(三船敏郎、八千草薫、水戸光子、岡田茉莉子)1954年(昭和29年)
東宝「蝶々夫人」(八千草薫、ニコラ・フィラクリディ)1955年(昭和30年)

東宝「白夫人の妖恋」(池部良、山口淑子、小堀誠、八千草薫)1956年(昭和31年)
東宝「殉愛」(鶴田浩二、八千草薫、小林桂樹、笠智衆、加東大介)1956年(昭和31年)

東宝「乱菊物語」(池部良、八千草薫、浪花千栄子)1956年(昭和31年)
東宝「雪国」(池部良、岸恵子、八千草薫)1957年(昭和32年)

大映「
濡れ髪剣法」(市川雷蔵、八千草薫、中村玉緒)1958年(昭和33年)
東宝「新・夫婦善哉」(森繁久彌、淡島千景、淡路恵子、八千草薫、藤田まこと)1963年(昭和38年)

東宝「侍」(三船敏郎、小林桂樹、松本幸四郎、新珠三千代、八千草薫、杉村春子)1965年(昭和40年)
松竹「美しさと哀しみと」(加賀まり子、八千草薫、山村聡、山本圭、渡辺美佐子)1965年(昭和40年)

松竹「男はつらいよ 寅次郎夢枕」(渥美清、倍賞千恵子、八千草薫、田中絹代)1972年(昭和47年)


テレビドラマ
NHK大河ドラマ「花の生涯」(尾上松緑、淡島千景、香川京子、佐田啓二、八千草薫)1963年(昭和38年)
フジ「銭形平次」(大川橋蔵、八千草薫、香山美子)1966年(昭和41年)

TBS 「赤い疑惑」(宇津井健、岸恵子、山口百恵、三浦友和、八千草薫)1975年(昭和50年)
TBS 「岸辺のアルバム」(八千草薫、竹脇無我)1977年(昭和52年)

NHK大河ドラマ「徳川家康」(滝田栄、役所広司、夏目雅子、八千草薫)1983年(昭和58年)
NHK「やんちゃくれ」(小西美帆、高田聖子、藤真利子、柄本明、八千草薫)1998年(平成10年)

日テレ「フードファイト」(草彅剛、深田恭子、宮沢りえ、筧利夫、八千草薫)2000年(平成12年)
フジ 「東京物語」(宇津井健、八千草薫、松たか子、室井滋、白井晃、金子賢)2002年(平成14年)

AA「ディア・ドクター」(笑福亭鶴瓶、八千草薫)2009年(平成21年)
フジ「最高の離婚」(瑛太、尾野真千子、真木よう子、八千草薫、綾野剛)2013年(平成25年)