本田美奈子(ほんだみなこ) (1967-2005)

昭和42年7月31日東京生まれ。堀越学園高校卒。本名、工藤美奈子。

小さい頃から歌が好きで、昭和58年の夏、高1の時に東京・原宿で芸能プロにスカウトされ、
昭和59年9月長崎歌謡祭でグランプリを獲得。

昭和60年「殺意のバカンス」でアイドル歌手としてデビュー。
同年「Temptation」で日本レコード大賞新人賞を受賞、
また同年度の新人としてはただ一人、日本武道館で単独コンサートを開いた。

昭和61年「1986年のマリリン」が大ヒット、へそ出しの衣装でも注目を集め、和製マドンナと呼ばれた。
昭和62年「パッセンジャー〜過ぎ去りし日々」で映画初出演。










ロック色の強いパワフルな歌声が持ち味で、他に「Oneway Generation」などのヒット曲を持つ。
昭和63年にはロックバンド“MINAKO With WILD CATS”を結成。

平成4年ミュージカル「ミス・サイゴン」のオーディションに応募して1万5000人の中からヒロインのキム役に選ばれ、ミュージカル女優として新境地を開く。

以後、「王様と私」「屋根の上のバイオリン弾き」「レ・ミゼラブル」「クラウディア」「十二夜」「ひめゆり」など数々のミュージカル作品に出演した。
平成16年姓名判断により芸名を「本田美奈子」に改名。

平成17年1月急性骨髄性白血病の診断を受け、7月に一時退院したが再び病状が悪化し、11月38歳で亡くなった。



受賞歴
長崎歌謡祭グランプリ(第8回)(昭和59年)、日本歌謡大賞最優秀放送音楽新人賞(第16回)(昭和60年)「Temptation」、
日本有線大賞新人賞(第18回)(昭和60年)「Temptation」、日本レコード大賞新人賞(第27回)(昭和60年)「Temptation」、
ゴールデン・アロー賞音楽新人賞(第23回・昭60年度)(昭和61年)、ゴールデン・アロー賞グラフ賞(第24回・昭61年度)(昭和62年)、
ゴールデン・アロー賞演劇新人賞(第30回)(平成5年)「ミス・サイゴン」、日本レコード大賞特別功労賞(第47回)(平成17年)、
ゴールデン・アロー賞(芸能功労賞 第43回 平17年度)(平成18年)、
日本ゴールドディスク大賞(クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー 第20回 平17年度)(平成18年)「アメイジング・グレイス」


伝記
天に響く歌―歌姫・本田美奈子の人生「天国からのアンコール」〈vol.1〉
1986年のマリリン「天国からのアンコール」〈vol.2〉
2006年のマリリン本田美奈子メモリアル 「天国からのアンコール」制作委員会 編