北原三枝(きたはらみえ)

1933年(昭和8年)7月23日。東京都出身。本名、石原まき子(旧姓、荒井まき子)

目黒区立第二中学校卒業後、NDT(日劇ダンシングチーム)に5期生として入団。
1952年(昭和27年)に退団後、松竹のニューフェイスに合格。「カルメン純情す」で本格的なデビューを果たす。

1954年(昭和29年)に、活動を再開した日活に引き抜かれる形で移籍。女優陣のエースとして活躍する。
「狂った果実」で石原裕次郎と初共演後、日活のドル箱コンビとして23作もの共演作が製作された。

1960年(昭和35年)に裕次郎と結婚し、女優業を引退した。
引退後は、賢夫人として内助の功に徹し、石原プロの経営に関わっている。
夫の死後、1988年(昭和63年)に「裕さん、抱きしめたい」を出版した。









代表作品

松竹「お茶漬の味」(佐分利信、木暮実千代、鶴田浩二、北原三枝)1952年(昭和27年)
松竹「カルメン純情す」(高峰秀子、淡島千景、若原雅夫、北原三枝)1952年(昭和27年)

松竹「東京マダムと大阪夫人」(三橋達也、月丘夢路、芦川いづみ、北原三枝)1953年(昭和28年)
松竹「君の名は 第二部」(岸恵子、佐田啓二、月丘夢路、淡島千景、北原三枝) 1953年(昭和28年)

日活「女人の舘」(三国連太郎、北原三枝、東山千栄子、東野英治郎)1954年(昭和29年)
日活「愛のお荷物」(山村聡、三橋達也、山田五十鈴、北原三枝、轟夕起子)1955年(昭和30年)

日活「緑はるかに」(浅丘ルリ子、フランキー堺、北原三枝)1955年(昭和30年)
日活「銀座二十四帖」(月丘夢路、三橋達也、北原三枝、浅丘ルリ子、大坂志郎)1955年(昭和30年)

日活「
狂った果実」(石原裕次郎、津川雅彦、北原三枝、岡田真澄)1956年(昭和31年)
日活「風船」(森雅之、芦川いづみ、三橋達也、北原三枝、新珠三千代、左幸子)1956年(昭和31年)

日活「嵐を呼ぶ男」(石原裕次郎、北原三枝、芦川いづみ)1957年(昭和32年)
日活「俺は待ってるぜ」(石原裕次郎、北原美枝、二谷英明)1957年(昭和32年)

日活「陽のあたる坂道」(石原裕次郎、北原美枝、芦川いづみ)1958年(昭和33年)
日活「錆びたナイフ」(石原裕次郎、小林旭、北原三枝、宍戸錠)1958年(昭和33年)