高峰三枝子(たかみねみえこ)(1918-1990)

1918年(大正7年)12月2日東京生まれ。東洋英和女学校卒。本名は鈴木三枝子。
1936年(昭和11年)松竹入社。一か月後に佐々木康監督の「母を尋ねて」でデビュー。

「あれが東洋英和の鈴木三枝子だ…」女学校時代から慶応ボーイにささやかれた。

筑前琵琶宗家の家に育ち、名門女学校を出た令嬢の映画界入りは、華族の出である
入江たか子以来の話題を呼んだという。

翌1937年(昭和12年)佐々木啓祐監督の「荒城の月」では、早くも主役の座を得て、
佐野周二扮する滝廉太郎に想いを寄せる田舎娘を好演した。

1939年(昭和14年)吉村公三郎監督「暖流」では誇り高い病院長の娘を華麗に演じて男性ファンのハートを大いに揺さぶった。
以来、佐野周二、上原謙、佐分利信(さぶりしん)の松竹三羽鳥と共演を重ね、松竹の黄金時代を築きあげた。

また1940年(昭和15年)日本コロムビアから出した歌謡曲「湖畔の宿」が空前の大ヒット、歌う映画スターとして人気を得た。
慰問にきた彼女の歌声を聞き、南海に散った特攻隊員も数多いという。

戦後は、1960年(昭和35年)テレビドラマ「熱帯樹」に出演、1968年(昭和43年)テレビのワイドショー「三時のあなた」
の司会、1976年(昭和51年)角川映画「犬神家の一族」に出演してブルーリボン賞助演女優賞を受賞した。

出演映画は総数180本以上にのぼる。1990年(平成2年)5月27日没、71歳。







代表作品

松竹「母を尋ねて」(坪内美子、上山草人、市村美津子、高峰三枝子、三宅邦子)1936年(昭和11年)
松竹「金色夜叉」(夏川大二郎、川崎弘子、佐野周二、佐分利信、高峰三枝子)1937年(昭和12年)

松竹「浅草の灯」(上原謙、高峰三枝子、夏川大二郎、杉村春子、笠智衆)1937年(昭和12年)
松竹「君と歌えば」(水戸光子、小林十九二、高峰三枝子、河村黎吉)1937年(昭和12年)

松竹「荒城の月」(佐野周二、佐分利信、高杉早苗、高峰三枝子、水戸光子)1937年(昭和12年)
松竹「婚約三羽烏」(佐野周二、上原謙、佐分利信、高峰三枝子)1937年(昭和12年)

松竹「愛より愛へ」(佐野周二、高杉早苗、高峰三枝子、水島亮太郎、河村黎吉)1938年(昭和13年)
松竹「螢の光」(桑野通子、高杉早苗、高峰三枝子、東山光子、夏川大二郎)1938年(昭和13年)

松竹「按摩と女」(高峰三枝子、徳大寺伸、日守新一、爆弾小僧、佐分利信)1938年(昭和13年)
松竹「暖流」(佐分利信、高峰三枝子、水戸光子、徳大寺伸、藤野秀夫)1939年(昭和14年)

松竹「
純情二重奏」(高峰三枝子、細川俊夫、斎藤達雄、木暮実千代、霧島昇)1939年(昭和14年)
松竹「男への条件」(佐分利信、高峰三枝子、高倉彰、北見礼子、三浦光子)1941年(昭和16年)

松竹「戸田家の兄妹」(佐分利信、高峰三枝子、桑野通子、斎藤達雄、三宅邦子)1941年(昭和16年)
松竹「待ちぼうけの女」(高峰三枝子、小杉勇、日守新一、佐野周二)1946年(昭和21年)

大映「
お夏清十郎」(市川右太衛門、高峰三枝子、橘公子、南部章三)1946年(昭和21年)
東宝「今ひとたびの」(高峰三枝子、龍崎一郎、田中春男、北沢彪)1947年(昭和22年)

松竹「懐しのブルース」(高峰三枝子、上原謙、小沢栄太郎、東野英治郎)1948年(昭和23年)
松竹「別れのタンゴ」(高峰三枝子、佐分利信、若原雅夫、高杉妙子)1949年(昭和24年)

松竹「思い出のボレロ」(高峰三枝子、若原雅夫、徳大寺伸、高峰麻梨子)1950年(昭和25年)
松竹「情熱のルムバ」(高峰三枝子、若原雅夫、徳大寺伸、西条鮎子)1950年(昭和25年)

松竹「自由学校」(佐分利信、高峰三枝子、淡島千景、佐田啓二、杉村春子、笠智衆)1951年(昭和26年)
松竹「大江戸五人男」(阪東妻三郎、山田五十鈴、市川右太衛門、高峰三枝子)1951年(昭和26年)

東宝「舞姫」(高峰三枝子、山村聡、岡田茉莉子)1951年(昭和26年)
松竹「治郎吉格子」(長谷川一夫、高峰三枝子、岸恵子、進藤英太郎)1952年(昭和27年)

東宝「妻」(上原謙、高峰三枝子、丹阿弥谷津子、高杉早苗、新珠三千代、三国連太郎)1953年(昭和28年)
松竹「女の園」(高峰秀子、久我美子、高峰三枝子、岸恵子)1954年(昭和29年)

東映「旗本退屈男 謎の怪人屋敷」(市川右太衛門、高峰三枝子、勝浦千浪)1954年(昭和29年)
大映「
花の長脇差」(長谷川一夫、高峰三枝子、進藤英太郎、小沢栄、市川小太夫)1954年(昭和29年)

松竹「子供の眼」(高峰三枝子、高峰秀子、笠智衆)1956年(昭和31年)
松竹「挽歌」(久我美子、森雅之、高峰三枝子、斎藤達雄、石浜朗)1957年(昭和32年)

松竹「浪人街」(近衛十四郎、藤田進、河津清三郎、北上弥太郎、高峰三枝子)1957年(昭和32年)
東映「美しき姉妹の物語 悶える早春」(高峰三枝子、中原ひとみ、佐久間良子)1958年(昭和33年)

東映「多羅尾伴内 十三の魔王」(片岡千恵蔵、高峰三枝子、中村雅子)1958年(昭和33年)
松竹「あの波の果てまで」(岩下志麻、津川雅彦、高峰三枝子、石浜朗)1961年(昭和36年)

日活「光る海」(吉永小百合、高峰三枝子、浜田光夫、十朱幸代)1963年(昭和38年)
東宝「犬神家の一族」(高峰三枝子、石坂浩二、あおい輝彦、島田陽子、坂口良子)1976年(昭和51年)

東宝「女王蜂」(石坂浩二、高峰三枝子、司葉子、岸恵子、仲代達矢、坂口良子)1978年(昭和53年)
東宝「火の鳥」(若山富三郎、高峰三枝子、草刈正雄)1978年(昭和53年)

日テレ「西遊記」(夏目雅子、堺正章、西田敏行、岸部シロー、高峰三枝子)1979年(昭和54年)
東映「ラブ・ストーリーを君に」(後藤久美子、仲村トオル、緒形拳、高峰三枝子)1988年(昭和63年)













   コロムビア「純情二重奏」(高峰三枝子、霧島昇)1939年(昭和14年)


   

  森の青葉の  蔭に来て    なぜに淋しく あふるる涙
想い切なく 母の名呼べば  小鳥こたえぬ 亡き母こいし 
   
       
  君もわたしも みなし子の ふたり寄り添い 竜胆(りんどう)摘めど
誰に捧げん 花束花輪     谺(こだま)こたえよ 亡き母こいし
   
       
  母の形見の 鏡掛け      色もなつかし 友禅模様
抱けばほほえむ花嫁すがた むかし乙女の 亡き母こいし
   
       
  春は燕(つばくろ)秋は雁 旅路はてなき みなし子二人
合わす調べに野の花揺れて 雲も泣け泣け 亡き母こいし
   
       
  作詞:西條八十、作曲:万城目正