日中戦争 1937年(昭和12年)    歴史年表     真日本史       人名事典)(用語事典
直線上に配置


1933年(昭和8年)2月、満州国は国際連盟で否認されたが、同年3月、

日本は連盟を脱退し、その後も反日行動を排除する名目で軍事行動を続けた。


当時、蒋介石率いる国民党は、毛沢東の共産党との内戦が続いていたため、止むなく

1933年5月、日本と停戦協定を結んで、日本の満州支配を黙認することにした。


だが、その後日本はさらに満州に隣接する華北地方へ政治的影響力を強めていった。



これにより中国世論は抗日に傾き、1936年(昭和11年)12月、連共抗日を主張する

張学良らによって蒋介石が西安に監禁されるという事件が発生。(西安事件)


その後、共産党の周恩来らの調停によって蒋介石は釈放され、ここに及んで、

ついに蒋介石も共産党との内戦を停止して日本と対決するという声明を発表した。



1937年(昭和12年)7月7日、北京郊外の盧溝橋で夜間演習中の日本軍と、

この地に駐屯していた中国軍との間に発砲事件が発生した(盧溝橋事件)

この盧溝橋事件を機に日中は全面戦争状態に突入する。


これを対外的には「支那事変」と呼んでいる。

戦争ではなく「事変」という理由は、国際法への配慮だった。米国は戦争に

巻き込まれることを回避するために、軍需物資の戦争当事国への輸出を禁じている。


日本では天皇の大詔(宣戦布告)は発せられず「事変」として処理され、

また中国も「七七事変」として、米国から軍需物資の輸入を続けたのである。



1937年(昭和12年)8月、日本軍は上海を落とし、同年12月、国民党の首都・南京を占領した。

しかし国民党は南京から重慶に首都を移し、国共合作を背景に抗日民族統一戦線を固め

日本軍との戦いを続けた。


1938年(昭和13年)4月、北京から南京への交通路を奪うため、日本軍は徐州を攻撃、5月、徐州を占領したものの、

中国側は日本軍との交戦を避けて撤退、主力部隊の温存に努め、長期戦に日本を引き込む戦略に切り替えた。


一方、中国に利権を持つ英米は、仏領インドシナから「援蒋ルート」と呼ばれる支援路で重慶の蒋介石を支援した。

また毛沢東の共産党も各地の抗日根拠地でゲリラ戦による抵抗を続けたため、戦況はついに泥沼化の様相を呈し始めた。



1941年(昭和16年)12月8日、日本は第二次世界大戦並びに太平洋戦争に枢軸陣営側として参戦。

同年12月9日、蒋介石の重慶政府が日本に宣戦を布告。これにより日中戦争は、太平洋戦争における中国戦線となった。


直線上に配置

   
                      



     昭和前期世相年表 (1926−1945年)  
暗い側面 明るい側面
  1926年
(大正15年)
小作争議多発、東京市内小学生に毛じらみ多数 文学全集・円本盛ん、モボ・モガ銀座に登場、不況で貸家急増、浅草映画街・新国劇全盛
  1927年     (昭和2年) 金融恐慌、生活苦の報道、山東出兵、野田醤油争議、東洋モスリン争議 チャンバラ映画、ラジオ甲子園野球中継、三越ファッションショー、東京に地下鉄開通
  1928年     (昭和3年) 三・一五事件、関東軍爆殺事件、左翼教授追放始まる、南米移民急増、児童が内職 普通選挙実施、ラジオ全国放送、ラジオ体操開始、大衆娯楽雑誌全盛
  1929年     (昭和4年) 共産党大検挙、世界恐慌起こる、不況始まり、失業者続出 飛行船ツェッペリン号来日、国内定期航空開始、国産ウイスキー誕生「東京行進曲」
  1930年     (昭和5年) 世界恐慌、生産減少、歩いて帰郷、農業恐慌、(大豊作で大暴落)、統帥権干犯問題、学生運動盛ん 帝都復興祭、特急ツバメ登場、喫茶店増え始め、カフェ濃厚サービス、エログロナンセンス
  1931年     (昭和6年) 中国で排日運動、労働争議最多、満州事変、失業者激増、東北大冷害、ネズミを食う農家も、身売り多数 婦人雑誌付録竸争、下町では紙芝居が盛ん「のらくろ二等兵」「酒は涙か溜息か」映画館の男女別座席撤廃
  1932年     (昭和7年) 上海事変、満州国建国、五・一五事件、特高警察強化、心中流行、欠食児童20万人 ラジオ受信者100万人、浪花節が人気1位、日本ダービー始まる、スポーツでは野球が人気1位(六大学・中学)
  1933年     (昭和8年) 国際連盟脱退、三陸大地震・大津波、左翼弾圧、自殺増加 小学生の受験補習激化、ヨーヨープーム、「東京音頭」、ガスが家庭燃料の第1位に
  1934年     (昭和9年) 室戸台風、赤色リンチ事件、東北大凶作、身売り欠食増加、出生減、軍需景気始まる 大衆文学黄金時代、結婚プーム、同潤会アパート増える、アメリカ大リーグ来日
  1935年     (昭和10年) 天皇機関説問題、小作争議が最多 芥川賞・直木賞始まる「日本少国民文庫」「綴方教室」「二人は若い」「野崎小唄」
  1936年    (昭和11年) 二・二六事件、軍縮会議から撤退、日独防共協定、千人針、インフレで争議と内職増加 プロ野球始まる、人絹生産世界一、結婚式・七五三盛ん「講談社の絵本」
  1937年    (昭和12年) 日中戦争始まる、満蒙開拓本格化、軍需景気始まる「国体の本義」 東京の株式最高を記録、盛り場にぎわう「愛国行進曲」
  1938年    (昭和13年) 政府メーデーを禁止、学生狩り、木炭バス登場、青少年義勇軍「大陸の花嫁」募集 浮かれ学生3486人逮捕、後楽園でスキージャンプ大会、女剣劇登場
  1939年     (昭和14年) 第二次世界大戦始まる、戦時経済体制へ移行、国民徴用令、物価統制令、パーマ・ネオン禁止、米・味噌など配給制、ノモンハン事件 関門トンネル開通、ラジオ・レコード・スキー繁盛、双葉山人気、浅草など盛り場にぎわう
  1940年    (昭和15年) 日独伊三国同盟締結、隣組発足、ぜいたく品全面禁止、軍国調に統一 紀元2600年行事、スキーのみ大人気
  1941年    (昭和16年) 太平洋戦争始まる、日ソ条約、国民服・モンペ姿「臣民の道」新聞は朝夕刊とも四頁 賃金上昇、都内の盛り場は繁盛、李香蘭、日劇で公演
  1942年    (昭和17年) 所得・法人大幅増税、衣料品点数制、乗車券制限、戦争での敗退始まる 少年工の収入は上昇
  1943年     (昭和18年) 就業時間令廃止、空地の菜園化、映画館月2休、学徒出陣
  1944年     (昭和19年) マリアナ・サイパン玉砕、一億総武装、中学生・女学生勤労動員、学童疎開、建物疎開
  1945年    (昭和20年) 大空襲続く、無条件降伏、 15年戦争終わる 「リンゴの歌」
 

山東出兵 1927年(昭和2年)

政府、居留民保護を理由に中国山東省に出兵
(5.28)


三・一五事件 1928年(昭和3年)

政府、共産党関係者1568名を一斉検挙(3.15)


関東軍爆殺事件 1928年(昭和3年)

中国駐留の関東軍、奉天に引き上げ途中の
張作霖を爆殺(6.4)


統帥権干犯問題 1930年(昭和5年)

ロンドン海軍軍縮条約調印につき、軍の承認
なしに兵力を決定することは、天皇の統帥権
を犯すものとして、政友会が浜口内閣を攻撃
(4.25)

 

満州事変 1931年(昭和6年)

関東軍、満州の武力占領計画を実行するため
奉天郊外柳条湖の満州鉄道線路を爆破。
これを中国側の行為として総攻撃を命令
(9.18)


上海事変 1932年(昭和7年)

日本人僧侶が上海で中国人に殺傷され、日中
両軍の武力衝突に発展。
のちに日本軍部の謀略と判明(1.28)


五・一五事件 1932年(昭和7年)

軍部急進派が首相官邸を襲撃、犬養首相
を射殺(5.15)


天皇機関説問題 1935年(昭和10年)

主権は国家にあって天皇にはないとする
美濃部達吉の学説が軍部に排撃され
美濃部は貴族院議員を辞任(2.18)


二・二六事件 1936年(昭和11年)

青年将校、兵1400人を率いて首相官邸を襲撃、
高橋是清蔵相を殺害、国家改造を要求(2.26)


日中戦争 1937年(昭和12年)

北京の盧溝橋で日中両軍衝突(7.7)


ノモンハン事件 1939年(昭和14年)

満州とモンゴルの国境付近ノモンハンで
ソ連軍と関東軍が武力衝突(5.11)