市川雷蔵(いちかわらいぞう) (1931-1969)

1931年(昭和6年)8月29日京都生まれ。大阪府立天王寺高校中退。本名、太田吉哉(おおたよしや)

歌舞伎俳優をへて1954年(昭和29年)大映に入社、同年「花の白虎隊」で主役デビュー。

品のある色気、華麗さと鋭さ、繊細にしてクール、暗い情念と孤独感を宿した甘い容姿で
ファンから「雷(らい)さま」と親しまれた。

時代劇を中心に活躍したが、市川崑監督の「炎上」「破戒」のような現代劇でも人気を博した。

1963年(昭和38年)大映の大黒柱、長谷川一夫の引退後は、「眠狂四郎シリーズ」でヒットを飛ばし、
勝新太郎とともに「大映の二枚看板」として会社を支えた。

1969年(昭和44年)癌で倒れ「病み衰えた顔を誰にも見られたくない」と全ての見舞いを断り続け、37歳で早逝した。











代表作品

大映「花の白虎隊」(市川雷蔵、花柳武治、勝新太郎、峰幸子)1954年(昭和29年)
大映「新・平家物語」(市川雷蔵、久我美子、林成年、木暮実千代)1955年(昭和30年)

大映「朱雀門」(若尾文子、市川雷蔵、山本富士子、三宅邦子、東野英治郎)1957年(昭和32年)
大映「弁天小僧」(市川雷蔵、勝新太郎、青山京子、田崎潤、中村鴈治郎)1958年(昭和33年)

大映「炎上」(市川雷蔵、仲代達矢、中村鴈治郎、中村玉緒、新珠三千代)1958年(昭和33年)
大映「濡れ髪剣法」(市川雷蔵、八千草薫、中村玉緒)1958年(昭和33年)

大映「忠臣蔵」(長谷川一夫、市川雷蔵、淡島千景、山本富士子、滝沢修)1958年(昭和33年)
大映「若き日の信長」(市川雷蔵、金田一敦子、青山京子、松本幸四郎)1959年(昭和34年)

大映「
遊太郎巷談」(市川雷蔵、金田一敦子、浦路洋子、岸正子)1959年(昭和34年)
大映「
次郎長富士」(長谷川一夫、市川雷蔵、若尾文子、京マチ子、山本富士子)1959年(昭和34年)

大映「ぼんち」(市川雷蔵、若尾文子、中村玉緒、草笛光子、京マチ子)1960年(昭和35年)
大映「歌行燈」(市川雷蔵、山本富士子、柳永二郎、荒木忍、角梨枝子)1960年(昭和35年)

大映「大江山酒天童子」(長谷川一夫、市川雷蔵、勝新太郎、山本富士子)1960年(昭和35年)
大映「大菩薩峠」(市川雷蔵、本郷功次郎、中村玉緒、山本富士子、笠智衆)1960年(昭和35年)

大映「新源氏物語」(市川雷蔵、若尾文子、寿美花代、水戸光子)1961年(昭和36年)
大映「沓掛時次郎」(市川雷蔵、新珠三千代、杉村春子、島田竜三、青木しげる)1961年(昭和36年)

大映「破戒」(市川雷蔵、長門裕之、三国連太郎、岸田今日子、杉村春子)1962年(昭和37年)
大映「婦系図」(市川雷蔵、万里昌代、三条魔子、水戸光子、木暮実千代)1962年(昭和37年)

大映「忍びの者」(市川雷蔵、藤村志保、浦路洋子、岸田今日子)1962年(昭和37年)
大映「眠狂四郎殺法帖」(市川雷蔵、中村玉緒、城健三郎、小林勝彦)1963年(昭和38年)

大映「眠狂四郎円月斬り」(市川雷蔵、浜田ゆう子、東京子、丸井太郎)1964年(昭和39年)
大映「剣」(市川雷蔵、藤由紀子、川津祐介、河野秋武)1964年(昭和39年)

大映「
眠狂四郎勝負」(市川雷蔵、藤村志保、高田美和、成田純一郎)1964年(昭和39年)
大映「若親分」(市川雷蔵、朝丘雪路、藤村志保、三波春夫)1965年(昭和40年)

大映「陸軍中野学校」(市川雷蔵、小川真由美、待田京介、加東大介)1966年(昭和41年)
大映「眠狂四郎無頼剣」(市川雷蔵、天知茂、藤村志保、工藤堅太郎)1966年(昭和41年)

大映「華岡青洲の妻」(市川雷蔵、若尾文子、高峰秀子、浪花千栄子)1967年(昭和42年)
大映「ある殺し屋」(市川雷蔵、野川由美子、成田三樹夫、渚まゆみ)1967年(昭和42年)

大映「ひとり狼」(市川雷蔵、長門勇、小川真由美、岩崎加根子)1968年(昭和43年)