池部良(いけべりょう)(1918-2010)

1918年(大正7年)2月11日東京大田区生まれ。立教大学英文科卒。
1940年(昭和15年)映画監督を目指して東宝のシナリオ研究所に研究生として入所。

翌年、大学卒業と同時にシナリオ研究所も卒業、東宝に入社した。
監督志望だったが、戦時下で助監督の空きがなく、不本意ながら文芸部へと配属される。

初仕事は、当時名子役としてスターだった中村メイコの子守り役(付き人)だった。
メイコは子供のくせに面食いだったので、池部がその役に当たらされたのである。

池部の図抜けた男前ぶりにメロメロになったメイコは、池部を島津保次郎監督に推薦。
監督の要請で映画「闘魚」に脇役で出演したところ、大変好評で俳優の道を歩くことに。

だがそれもつかの間、1942年(昭和17年)池部は軍隊に召集され、南方戦線へと赴く。
そこで死線をさまい、九死に一生を得て、1946年(昭和21年)無事帰国を果たす。

帰国後、腸チフスで苦しむが、高峰秀子らの熱心な説得を受け、東宝に復帰。
以後は、175cmの身長と渋い容貌を生かして次々と主演作品をヒットさせる。

1949年(昭和24年)「青い山脈」が戦後の自由な雰囲気を象徴する映画として大ヒットした。
池部は31歳だったが、旧制高校生役として全く違和感を感じさせない若さと爽やかさがあった。

以来、都会的でスマートな二枚目俳優としてメロドラマから文芸作品まで幅広く活躍。
石原慎太郎原作を映画化した「乾いた花」では刑務所帰りのヤクザを好演。

東映に招かれ、高倉健主演の任侠映画でもファンを沸かせた。2010年(平成22年)10月8日死去。92歳。








代表作品

東宝「闘魚」(高田稔、志村アヤコ、里見藍子、池部良)1941年(昭和16年)
東宝「希望の青空」(山本礼三郎、池部良、中村メイ子、高峰秀子、原節子、霧立のぼる)1942年(昭和17年)

東宝「緑の大地」(入江たか子、藤田進、原節子、池部良)1942年(昭和17年)
東宝「四つの恋の物語」(池部良、久我美子、志村喬、杉村春子)1947年(昭和22年)

東宝「戦争と平和」(池部良、伊豆肇、岸旗江)1947年(昭和22年)
東宝「おスミの持参金」(若山セツコ、池部良、河津清三郎、坊屋三郎)1947年(昭和22年)

新東宝「愛よ星と共に」(高峰秀子、池部良、黒川弥太郎、江川宇礼雄)1947年(昭和22年)
東宝「春の饗宴」(池部良、若山セツコ、藤原釜足、轟夕起子)1947年(昭和22年)

東宝「わが愛は山の彼方に」(池部良、三浦光子、中北千枝子、志村喬、久我美子)1948年(昭和23年)
大映「ぜったい愛して」(池部良、日高澄子、暁テル子、杉狂児)1948年(昭和23年)

大映「その夜の冒険」(池部良、喜多川千鶴、若杉須美子、奈良光枝)1948年(昭和23年)
松竹「破戒」(池部良、桂木洋子、宇野重吉、菅井一郎、滝沢修)1948年(昭和23年)

東映「新妻会議」(山根寿子、浜田百合子、月丘夢路、池部良)1949年(昭和24年)
松竹「恋の十三夜」(折原啓子、池部良、月丘夢路、伊沢一郎)1949年(昭和24年)

新東宝「深夜の告白 」(小沢栄、千田是也、青山杉作、東山千栄子、池部良)1949年(昭和24年)
東宝「青い山脈」(原節子、池部良、伊豆肇、木暮実千代、若山セツコ、杉葉子)1949年年(昭和24年)

東宝「続青い山脈」(原節子、池部良、伊豆肇、木暮実千代、若山セツコ、杉葉子)1949年(昭和24年)
新東宝「帰国」(井上正夫、野上千鶴子、堀雄二、池部良、山口淑子、藤田進)1949年(昭和24年)

新東宝「私刑」(嵐寛寿郎、進藤英太郎、東野英治郎、池部良、久我美子)1949年(昭和24年)
新東宝「
暁の脱走」(池部良、山口淑子、若山セツ子、小沢栄)1950年(昭和25年)

新東宝「石中先生行状記」(宮田重雄、進藤英太郎、杉葉子、池部良、三船敏郎)1950年(昭和25年)
大映「ペン偽らず 暴力の街」(池部良、河野秋武、三條美紀、小沢栄、志村喬)1950年(昭和25年)

東宝「女の四季」(若山セツ子、杉村春子、池部良、東山千栄子)1950年(昭和25年)
新東宝「白昼の決闘」(池部良、小沢栄、岸旗江、杉葉子)1950年(昭和25年)

新東宝「妻と女記者」(池部良、杉葉子、角梨枝子、伊豆肇)1950年(昭和25年)
新東宝「山の彼方に 第一部」(池部良、角梨枝子、堀雄二、島崎雪子)1950年(昭和25年)

新東宝「山の彼方に 第二部」(池部良、角梨枝子、堀雄二、島崎雪子)1950年(昭和25年)
新東宝「暁の追跡」(池部良、水島道太郎、伊藤雄之助、田崎純)1950年(昭和25年)

大映「真珠夫人」(高峰三枝子、池部良、小杉勇、星美千子)1950年(昭和25年)
大映「暴力の街」(池部良、志村喬、原保美)1950年(昭和25年)

東宝「女の四季」(若山セツ子、杉村春子、池部良、東山千栄子)1950年(昭和25年)
新東宝「愛染香」(藤田進、池部良、月丘夢路、久慈あさみ)1950年(昭和25年)

東宝「深夜の非常線」(池部良、浜田百合子、伊豆肇、若山セツ子、志村喬)1951年(昭和26年)
東宝「愛と憎しみの彼方へ」(池部良、水戸光子、三船敏郎、志村喬)1951年(昭和26年)

東宝「宝塚夫人」(池部良、有馬稲子、月丘夢路)1951年(昭和26年)
新東宝「恋人」(池部良、久慈あさみ、千田是也、村瀬幸子、北林谷栄)1951年(昭和26年)

東宝「熱砂の白蘭」(木暮実千代、山村聡、池部良、河津清三郎)1951年(昭和26年)
東宝「若い娘たち」(池部良、伊豆肇、杉葉子、若山セツ子、島崎雪子、藤原釜足)1951年(昭和26年)

東宝「平安群盗伝 袴だれ保輔」(池部良、若山セツ子、新珠三千代)1951年(昭和26年)
東宝「青い真珠」(池部良、島崎雪子、浜田百合子、志村喬、山本礼三郎、高堂国典)1951年(昭和26年)

東宝「あゝ青春に涙あり」(池部良、久慈あさみ、岡田茉莉子、越路吹雪)1952年(昭和27年)
東宝「七色の街」(池部良、越路吹雪、岡田茉莉子、広瀬嘉子)1952年(昭和27年)

東宝「若い人」(池部良、久慈あさみ、島崎雪子、杉村春子、小沢栄、斎藤達雄)1952年(昭和27年)
東宝「足にさわった女」(越路吹雪、池部良、山村聡、岡田茉莉子)1952年(昭和27年)

東宝「夜の終り」(池部良、岡田茉莉子、志村喬、三益愛子)1953年(昭和28年)
東宝「
第二の接吻」(三浦光子、青山杉作、東山千栄子、高峰秀子、池部良)1954年(昭和29年)

東宝「さらばラバウル」(池部良、岡田茉莉子、三国連太郎、平田昭彦、根岸明美)1954年(昭和29年)
東宝「わたしの凡てを」(池部良、有馬稲子、上原謙、伊東絹子)1954年(昭和29年)

東宝「君死に給うことなかれ」(池部良、司葉子、土屋嘉男、若山セツ子、志村喬)1954年(昭和29年)
東宝「芸者小夏」(岡田茉莉子、池部良、森繁久彌、杉村春子)1954年(昭和29年)

東宝「風立ちぬ」(久我美子、石浜朗、上原謙、池部良、笠智衆)1954年(昭和29年)
東宝「旅路」(池部良、平田昭彦、岡田茉莉子、市川かつじ)1955年(昭和30年)

松竹「早春」(淡島千景、池部良、高橋貞二、岸恵子、笠智衆、杉村春子)1956年(昭和31年)
東宝「雪国」(池部良、岸恵子、八千草薫、森繁久彌、加東大介)1957年(昭和32年)

東宝「
暗夜行路」(池部良、山本富士子、淡島千景、杉村春子、仲代達矢)1959年(昭和34年)
東宝「自由ケ丘夫人」(池部良、淡路恵子、安西郷子、新珠三千代、浜美枝)1960年(昭和35年)

松竹「乾いた花」(池部良、藤木孝、東野英治郎、加賀まり子、宮口精二)1964年(昭和39年)
東映「昭和残侠伝 唐獅子牡丹」(高倉健、三田佳子、津川雅彦、三島ゆり子、池部良)1966年(昭和41年)

東映「昭和残侠伝 血染の唐獅子」(高倉健、藤純子、池部良、津川雅彦)1967年(昭和42年)
東映「昭和残侠伝 吼えろ唐獅子」(高倉健、池部良、鶴田浩二、松方弘樹、松原智恵子)1971年(昭和46年)

松竹「再会」(野口五郎、江波杏子、池部良、角ゆり子)1975年(昭和50年)
東映「冬の華」(高倉健、池上季実子、池部良、藤田進、北大路欣也) 1978年(昭和53年)

東宝「駅 STATION」(高倉健、いしだあゆみ、池部良、古手川祐子、倍賞千恵子)1981年(昭和56年)
東宝「小説吉田学校」(森繁久彌、芦田伸介、竹脇無我、橋爪功、夏目雅子、池部良)1983年(昭和58年)

東映「ひとひらの雪」(秋吉久美子、津川雅彦、木内みどり、池部良、岸部一徳)1985年(昭和60年)
東宝「植村直己物語」(西田敏行、倍賞千恵子、小沢栄太郎、池部良、乙羽信子)1986年(昭和61年)