山本リンダ(やまもとりんだ)

1951年(昭和26年)3月4日福岡県生まれ。横浜市立港高校卒。

1962年(昭和37年)ファッション雑誌「装苑」の専属モデルに合格、少女ファッションモデルとしてデビュー。
1965年(昭和40年)NHK「夢のセレナーデ」カバーガールに選ばれ、テレビデビュー。

1966年(昭和41年)「こまっちゃうナ」(ミノルフォン)で歌手デビュー。100万枚を超える大ヒットになる。

翌年、ニューヨーク、サンフランシスコなど全米6大都市で公演。「ジャパニーズ・ツィイギー」と反響を呼ぶ。
シングルも「ミニミニデート」など7枚をリリース。「こまっちゃうナ」でNHK「紅白歌合戦」初出場。













1968年ドラマ「てなもんや三度笠」に初出演。「帰らなくっちゃ」ほかヒット。
1970年、ミュージカル「若草物語」(木馬座公演)に初出演。
1971年、ドラマ「仮面ライダー」(テレビ朝日)にレギュラー出演。キャニオンレコードに移籍。

1972年(昭和47年)「どうにもとまらない」「狂わせたいの」「じんじんさせて」が大ヒット。
日本歌謡大賞(放送音楽賞)、有線放送大賞(スター優秀賞)、夜の有線放送大賞を受賞。

1973年、「狙いうち」「燃えつきそう」が引き続き大ヒット。ゴールデンアロー賞(グラフ賞)受賞。
同年、「ぎらぎら燃えて」「きりきり舞い」とシングル4枚リリース。

1983年、「ガラスの靴」(潮出版社)を出版。
1993年、ドラマ「いちご白書」(テレビ朝日)では安室奈美恵の母親役を演じる。

1991年、テレビアニメ「ちびまる子ちゃん」の主人公・まる子がマネをしたことなどからリバイバルブームが沸き起こる。
その後ヘアヌード写真集の出版で話題となる。

2005年、アサヒ飲料の缶コーヒーのCMに起用され、代表作「どうにもとまらない」の歌詞をリメイクした、
「どうにもとまらない~ノンストップ」が発売され、テレビアニメ「レジェンズ~甦る竜王伝説」のエンディングテーマに起用された。