原節子(はらせつこ) (1920-2015)

1920年(大正9年)6月17日横浜市生れ。横浜高等女学校中退。本名、会田昌江(あいだまさえ)

1935年(昭和10年)日活入社。同年「ためらふ勿れ若人よ」でデビュー。
「お節ちゃん」という女学生を演じたことから「原節子」の芸名をもらった。

デビュー二年目の1937年(昭和12年)日独合作映画「新しき土」の日本側ヒロインに抜擢され、
凛とした美しさで典型的な「大和撫子」を熱演しスター女優の仲間入りを果たした。

以後「晩春」に始まる小津安二郎監督作品で日本女性の理想像とも言えるヒロインを情感豊かに演ずる一方、
「めし」などの成瀬巳喜男監督作品では中年女性の心のヒダを巧みに表現して名実共に大女優となった。

1962年(昭和37年)「忠臣蔵 花の巻・雪の巻」で大石内蔵助の妻を演じたのを最後に女優を引退。
その後は一切、表舞台にその姿を現さなかった。

そのミステリアスな半生とあいまって、女優・原節子の伝説は永遠のものとなった。











代表作品

日活「ためらふ勿れ若人よ」(瀧口新太郎、伊沢一郎、松本秀太郎、原節子)1935年(昭和10年)
日活「深夜の太陽」(島耕二、中村英雄、中田弘二、原節子)1935年(昭和10年)

日活「魂を投げろ」(伊沢一郎、中村英雄、和歌山小浪、原節子)1935年(昭和10年)
日活「緑の地平線前篇」(岡譲二、中田弘二、高木永二、原節子)1935年(昭和10年)

日活「緑の地平線後篇」(岡譲二、中田弘二、高木永二、原節子)1935年(昭和10年)
日活「白衣の佳人」(岡譲二、原節子、入江たか子、沖悦二)1936年(昭和11年)

日活「河内山宗俊」(河原崎長十郎、中村翫右衛門、市川扇升、原節子)1936年(昭和11年)
日活「嫁入り前の娘達」(滝花久子、沢村貞子、原節子、花柳小菊、橘公子)1936年(昭和11年)

日活「生命の冠」(岡譲二、滝花久子、伊染四郎、原節子)1936年(昭和11年)
日活「丹下左膳日光の巻」(大河内伝次郎、黒川弥太郎、大城竜太郎、原節子)1936年(昭和11年)

日活「検事とその妹」(岡譲二、原節子、星玲子、伊沢一郎)1937年(昭和12年)
東和「新しき土」(早川雪州、原節子、小杉勇、英百合子、市川春代)1937年(昭和12年)

東宝「東海美女伝」(黒川弥太郎、鳥羽陽之助、永井柳太郎、原節子)1937年(昭和12年)
東宝「母の曲前篇」(岡譲二、英百合子、原節子、入江たか子)1937年(昭和12年)

東宝「母の曲後篇」(岡譲二、英百合子、原節子、入江たか子)1937年(昭和12年)
東宝「巨人伝」(大河内伝次郎、原節子、堤真佐子、片桐日名子)1938年(昭和13年)

東宝「田園交響曲」(高田稔、原節子、佐山亮、清川玉枝)1938年(昭和13年)
東宝「将軍の孫」(高田稔、伊藤智子、原節子、堤真佐子)1938年(昭和13年)

東宝「冬の宿」(勝見庸太郎、水町庸子、原節子、北沢彪)1938年(昭和13年)
東宝「美はしき出発」(原節子、高峰秀子、月田一郎、水町庸子)1939年(昭和14年)

東宝「忠臣蔵前篇」(大河内伝次郎、長谷川一夫、高峰秀子、原節子)1939年(昭和14年)
東宝「忠臣蔵後篇」(大河内伝次郎、長谷川一夫、高峰秀子、原節子)1939年(昭和14年)

東宝「上海陸戦隊」(大日方伝、清川荘司、北沢彪、原節子)1939年(昭和14年)
東宝「街」(大日方伝、原節子、霧立のぼる、徳川夢声)1939年(昭和14年)

東宝「女の教室学校の巻」(千葉早智子、竹久千恵子、霧立のぼる、原節子)1939年(昭和14年)
東宝「女の教室中・後篇」(千葉早智子、竹久千恵子、霧立のぼる、原節子)1939年(昭和14年)

東宝「東京の女性」(原節子、江波和子、立松晃、藤輪欣司、水町庸子)1939年(昭和14年)
東宝「光と影前篇」(大日方伝、水町庸子、原節子、堤真佐子)1940年(昭和15年)

東宝「光と影後篇」(大日方伝、水町庸子、原節子、堤真佐子)1940年(昭和15年)
東宝「東遊記」(李香蘭、藤原釜足、岸井明、原節子)1940年(昭和15年)

東宝「嫁ぐ日まで」(原節子、矢口陽子、沢村貞子、杉村春子)1940年(昭和15年)
東宝「蛇姫様」(長谷川一夫、山田五十鈴、原節子、大河内伝次郎)1940年(昭和15年)

東宝「女の街」(大川平八郎、原節子、野村秋生、林喜美子)1940年(昭和15年)
東宝「二人の世界」(丸山定夫、英百合子、原節子、中村彰)1940年(昭和15年)

東宝「姉妹の約束」(英百合子、若原春江、花井蘭子、原節子)1940年(昭和15年)
東宝「兄の花嫁」(高田稔、山田五十鈴、原節子、清川玉枝)1941年(昭和16年)

東宝「大いなる感情」(徳川夢声、黒川弥太郎、原節子、英百合子)1941年(昭和16年)
東宝「結婚の生態」(夏川大二郎、原節子、沢村貞子、月田一郎)1941年(昭和16年)

東宝「指導物語」(丸山定夫、原節子、若原春江、三谷幸子)1941年(昭和16年)
東宝「希望の青空」(山本礼三郎、池部良、高峰秀子、原節子、霧立のぼる)1942年(昭和17年)

東宝「青春の気流」(大日方伝、山根寿子、英百合子、原節子)1942年(昭和17年)
東宝「砂丘」(大日方伝、山根寿子、英百合子、原節子)1942年(昭和17年)

東宝「若い先生」(原節子、一の瀬綾子、小柳久子、藤輪欣司)1942年(昭和17年)
東宝「緑の大地」(入江たか子、藤田進、原節子、池部良)1942年(昭和17年)

東宝東宝「母の地図」(杉村春子、三津田健、花井蘭子、原節子)1942年(昭和19年)
東宝「ハワイ・マレー沖海戦」(伊東薫、原節子、藤田進、大河内伝次郎)1942年(昭和17年)

東宝「阿片戦争」(市川猿之助、河津清三郎、原節子、高峰秀子)1943年(昭和18年)
東宝「望楼の決死隊」(高田稔、斎藤英雄、菅井一郎、原節子)1943年(昭和18年)

東宝「若き日の歓び」(原節子、轟夕起子、高峰秀子、藤田進)1943年(昭和18年)
東宝「決戦の大空へ」(原節子、小高まさる、落合富子、英百合子)1943年(昭和18年)

東宝「熱風」(藤田進、沼崎勲、花井蘭子、原節子)1943年(昭和18年)
東宝「怒りの海」(大河内伝次郎、原節子、月田一郎、河津清三郎)1944年(昭和19年)

東宝「北の三人」(原節子、高峰秀子、山根寿子、佐分利信)1945年(昭和20年)
東宝「緑の故郷」(黒川弥太郎、原節子、中北千枝子、菅井一郎)1946年(昭和21年)

東宝「麗人」(原節子、藤田進、清水将夫、進藤英太郎)1946年(昭和21年)
東宝「わが青春に悔いなし」(原節子、藤田進、大河内伝次郎、杉村春子)1946年(昭和21年)

新東宝「かけ出し時代」(藤田進、原節子、大日方伝、江川宇礼雄)1947年(昭和22年)
松竹「
安城家の舞踏会」(原節子、滝沢修、森雅之、逢初夢子、津島恵子)1947年(昭和22年)

大映「女だけの夜」(水戸光子、原節子、星美智子、八汐路恵子)1947年(昭和22年)
大映「三本指の男」(片岡千恵蔵、三津田健、松浦築枝、風見章子、原節子)1947年(昭和22年)

松竹「誘惑」(原節子、佐分利信、山内明、杉村春子)1948年(昭和23年)
大映「時の貞操前篇」(原節子、若原雅夫、伊沢一郎、杉村春子、志村喬)1948年(昭和23年)

大映「時の貞操後篇」(原節子、若原雅夫、伊沢一郎、杉村春子、志村喬)1948年(昭和23年)
新東宝「富士山頂」(藤田進、三宅邦子、大河内伝次郎、原節子)1948年(昭和23年)

松竹「颱風圏の女」(原節子、山村聡、宇佐美淳、東野英治郎)1948年(昭和23年)
新東宝「幸福の限界」(原節子、藤田進、小杉勇、市川春代)1948年(昭和23年)

東宝「殿様ホテル」(河津清三郎、真山くみ子、藤原釜足、原節子、杉狂児)1949年(昭和24年)
松竹「
お嬢さん乾杯」(佐野周二、原節子、佐田啓二)1949年(昭和24年)

東宝「
青い山脈」(原節子、池部良、伊豆肇、木暮実千代、杉葉子)1949年年(昭和24年)
東宝「続青い山脈」(原節子、池部良、伊豆肇、木暮実千代、杉葉子)1949年(昭和24年)

松竹「
晩春」(原節子、笠智衆、月丘夢路、宇佐美淳、三島雅夫、杉村春子)1949年(昭和24年)
大映「白雪先生と子供たち」(原節子、関千恵子、滝花久子、宮崎準)1950年(昭和25年)

新東宝「女医の診察室」(原節子、上原謙、風見章子、三宅邦子)1950年(昭和25年)
東映「アルプス物語」(原節子、伊豆肇、三宅邦子、小沢栄)1950年(昭和25年)

東映「七色の花」(竜崎一郎、角梨枝子、原節子、三島雅夫、杉村春子)1950年(昭和25年)
松竹「白痴」(原節子、森雅之、三船敏郎、久我美子、志村喬)1951年(昭和26年)

松竹「麦秋」(原節子、笠智衆、淡島千景、杉村春子、三宅邦子、佐野周二)1951年(昭和26年)
東宝「
めし」(上原謙、原節子、島崎雪子、杉村春子、小林桂樹、杉葉子)1951年(昭和26年)

東宝「風ふたゝび」(原節子、池部良、山村聡、浜田百合子、杉村春子)1952年(昭和27年)
東宝「金の卵」(島崎雪子、滝花久子、増渕一夫、原節子)1952年(昭和27年)

東宝「東京の恋人」(原節子、三船敏郎、杉葉子、小泉博)1952年(昭和27年)
東宝「恋の風雲児」(藤田進、原節子、志村喬、榎本健一)1953年(昭和28年)

東宝「白魚」(原節子、上原謙、小泉博、岡田茉莉子)1953年(昭和28年)
松竹「東京物語」(笠智衆、東山千栄子、原節子、杉村春子、山村聡、香川京子)1953年(昭和28年)

東宝「山の音」(上原謙、原節子、山村聡、杉葉子)1954年(昭和29年)
新東宝「ノンちゃん雲に乗る」(原節子、鰐淵晴子、藤田進、徳川夢声、小沢路子)1955年(昭和30年)

東宝「美しき母」(原節子、佐分利信、磯村みどり、野口泰史)1955年(昭和30年)
東宝「驟雨」(佐野周二、原節子、香川京子、小林桂樹、根岸明美、加東大介)1956年(昭和31年)

東宝「愛情の決算」(小林桂樹、佐分利信、三船敏郎、原節子)1956年(昭和31年)
東宝「婚約三羽烏」(司葉子、上原謙、佐分利信、原節子、高峰三枝子、佐野周二)1956年(昭和31年)

東宝「女囚と共に」(原節子、香川京子、木暮実千代、久我美子、岡田茉莉子)1956年(昭和31年)
東宝「兄とその妹」(池部良、原節子、司葉子、小林桂樹、柳永二郎)1956年(昭和31年)

東宝「大番」(加東大介、谷晃、仲代達矢、淡島千景、原節子)1957年(昭和32年)
松竹「東京暮色」(原節子、有馬稲子、笠智衆、杉村春子、山田五十鈴)1957年(昭和32年)

東宝「智恵子抄」(原節子、山村聡、青山京子、太刀川洋一)1957年(昭和32年)
東宝「続大番風雲編」(加東大介、谷晃、仲代達矢、淡島千景、原節子)1957年(昭和32年)

東宝「最後の脱走」(鶴田浩二、原節子、団令子、太刀川洋一)1957年(昭和32年)
東宝「続々大番怒濤篇」(加東大介、谷晃、仲代達矢、淡島千景、原節子)1957年(昭和32年)

東宝「女であること」(森雅之、原節子、久我美子、香川京子)1958年(昭和33年)
東宝「東京の休日」(山口淑子、三船敏郎、上原謙、八千草薫、司葉子、原節子)1958年(昭和33年)

東宝「大番完結篇」(加東大介、淡島千景、原節子、団令子、仲代達矢)1958年(昭和33年)
東宝「女ごころ」(原節子、団令子、江原達怡、森雅之)1959年(昭和34年)

東宝「日本誕生」(三船敏郎、中村鴈治郎、田中絹代、司葉子、香川京子、原節子)1959年(昭和34年)
東宝「路傍の石」(原節子、太田博之、森繁久彌、三橋達也)1960年(昭和35年)

東宝「娘・妻・母」(三益愛子、原節子、森雅之、高峰秀子、仲代達矢、上原謙)1960年(昭和35年)
東宝「ふんどし医者」(森繁久弥、原節子、山村聡、夏木陽介)1960年(昭和35年)

松竹「秋日和」(原節子、司葉子、岡田茉莉子、佐分利信、佐田啓二、笠智衆)1960年(昭和35年)
東宝「慕情の人」(原節子、白川由美、岡村文子、三橋達也)1961年(昭和36年)

東宝「小早川家の秋」(中村鴈治郎、原節子、新珠三千代、小林桂樹、司葉子)1961年(昭和36年)
東宝「娘と私」(原節子、星由里子、山村聡、山崎努、杉村春子)1962年(昭和37年)

東宝「忠臣蔵花の巻・雪の巻」(松本幸四郎、原節子、加山雄三、司葉子、三船敏郎)1962年(昭和37年)