前田武彦 (まえだたけひこ)(1929-2011)

1929年(昭和4年)4月3日生まれ。東京出身。立教大学経済学部中退。

1953年(昭和28年)NHKテレビ開局とともに放送作家となり、「宇宙船シリカ」などを手がけた。
「シャボン玉ホリデー」の台本のほか「お昼のゴールデンショー」「夜のヒットスタジオ」などの司会で活躍。

共産党バンザイ事件
1973年(昭和48年)当時、共産党書記長の宮本顕治と顔なじみだった前田は、
選挙で共産党が勝ったら番組内でバンザイをすると約束。

自身が司会する「夜のヒットスタジオ」でバンザイを決行。
これを見たフジ社長・鹿内信隆の逆鱗に触れ、番組を降板となる事態に。

これが引き金となって他局の番組も降板させられるという憂き目に遭った。
背景には戦時中の悲惨な体験があったと言われている

2011年(平成23年)8月5日死去。82歳。