鄧麗君(テレサ・テン) (1953-1995)

1953年(昭和28年)1月29日台湾生まれ。台北金陵女子中学校中退。

10歳のころラジオののど自慢で優勝。1967年(昭和42年)にレコード・デビュー。
1970年代初めには香港、シンガポールで、1974年(昭和49年)には日本でもデビュー。

同年「空港」のヒットでレコード大賞新人賞を受けたが、1979年(昭和54年)偽造旅券事件で国外退去に。
中国大陸では「何日君再来」などが人気を集め、中国のロック、ポピュラー音楽への影響も大きかった。

中国政府からは「堕落音楽」として非難されたが、1983年(昭和58年)には古典詩に曲をつけたアルバム「淡淡幽情」を
発表して絶賛されるなど世界中の華人社会で高い人気を得た。









1984年(昭和59年)再来日。同年「つぐない」が大ヒット、続く「愛人」「時の流れに身をまかせ」のヒットで
3年連続日本有線放送大賞を受賞し、紅白にも出場。

1989年(平成元年)からパリを拠点に活動。1992年(平成4年)日本で活動再開。
1995年(平成7年)旅行先のタイで急死。享年42歳。