市川右太衛門(いちかわうたえもん) (1907-1999)

1907年(明治40年)2月25日大阪府生まれ。大阪市立九条東小学卒。本名、淺井善之助。

歌舞伎役者から映画俳優となり、華麗な太刀さばきで、剣戟スターの地位を獲得。
当たり役は「旗本退屈男」の早乙女主水之介で、東映のドル箱シリーズとなった。

旗本退屈男は、あたりを圧する大づくりな容姿と風格で、美剣士の代名詞的存在だった。

白塗りの面に、パッと見開いた大きな眼光、それを派手な衣装に包んで、
ずいーっと押し出すとき、もうそれだけで決まってしまう。

舞台もこれ一本で、幕ごとにカンラカラカラの高笑いとともに花道に現れ、
高笑いとともに引き揚げてゆく。芸風には「退屈」を感じさせない豪快さがあった。

時代劇から仁侠映画が主流になりはじめ東映を退社。
晩年は京都から東京に居を移し、80を過ぎてなお舞台を中心に精力的活動した。

俳優の北大路欣也は次男である。









代表作品

松竹「一殺多生剣」(市川右太衛門、高堂国典、金子弘、泉春子)1929年(昭和4年)
松竹「旗本退屈男」(市川右太衛門、大江美智子、伊田兼美、武井龍三、小夜文子)1930年(昭和5年)

松竹「忠臣蔵 前篇 赤穂京の巻」(阪東寿三郎、林長二郎、市川右太衛門、上山草人)1932年(昭和7年)
松竹「忠臣蔵 後篇 江戸の巻」(阪東寿三郎、林長二郎、市川右太衛門、上山草人)1932年(昭和7年)

松竹「東海の顔役」(市川右太衛門、梅田菊三、白石明子、市川右門)1935年(昭和10年)
松竹「富士に立つ退屈男」(市川右太衛門、本郷秀雄、光川京子)1937年(昭和12年)

松竹「宝の山に入る退屈男」(市川右太衛門、高山広子、国友和歌子)1938年(昭和13年)
松竹「元禄忠臣蔵 前篇」(河原崎長十郎、中村翫右衛門、河原崎国太郎、市川右太衛門)1941年(昭和16年)

大映「維新の曲」(阪東妻三郎、市川右太衛門、沢村国太郎)1942年(昭和17年)
大映「殴られた殿様」(市川右太衛門、羅門光三郎、原健作、阿部九州男)1946年(昭和21年)

大映「お夏清十郎」(市川右太衛門、高峰三枝子、橘公子、南部章三、尾上栄二郎)1946年(昭和21年)
大映「海の狼」(市川右太衛門、羅門光三郎、原健作、北龍二)1947年(昭和22年)

大映「宵祭八百八町」(市川右太衛門、喜多川千鶴、斎藤達雄、羅門光三郎)1947年(昭和22年)
東映「旗本退屈男捕物控 七人の花嫁」(市川右太衛門、喜多川千鶴、宮城千賀子)1950年(昭和25年)

東映「旗本退屈男捕物控 毒殺魔殿」(市川右太衛門、喜多川千鶴、横山エンタツ)1950年(昭和25年)
松竹「
大江戸五人男」(阪東妻三郎、山田五十鈴、市川右太衛門、高峰三枝子、月形龍之介)1951年(昭和26年)

東映「旗本退屈男 唐人街の鬼」(市川右太衛門、加藤嘉、月形龍之介)1951年(昭和26年)
松竹「旗本退屈男 江戸城罷り通る」(市川右太衛門、宮城千賀子、岸恵子、井川邦子) 1952年(昭和27年)

東映「旗本退屈男 八百八丁罷り通る」(市川右太衛門、乙羽信子、高杉早苗)1953年(昭和28年)
東映「旗本退屈男 どくろ屋敷」(市川右太衛門、宮城千賀子、山岡比佐乃、高千穂ひづる)1954年(昭和29年)

東映「鳴門秘帖 前篇」(市川右太衛門、花柳小菊、高千穂ひづる、宇治みさ子)1954年(昭和29年)
東映「鳴門秘帖 後篇」(市川右太衛門、花柳小菊、宇治みさ子、竜崎一郎)1954年(昭和29年)

東映「旗本退屈男 謎の百万両」(市川右太衛門、轟夕起子、星美智子)1954年(昭和29年)
東映「変化大名 前・後篇」(市川右太衛門、三浦光子、花柳小菊、勝浦千浪、宇治みさ子)1954年(昭和29年)

東映「旗本退屈男 謎の怪人屋敷」(市川右太衛門、高峰三枝子、勝浦千浪)1954年(昭和29年)
東映「旗本退屈男 謎の伏魔殿」(市川右太衛門、喜多川千鶴、若山セツ子)1955年(昭和30年)

東映「旗本退屈男 謎の決闘状」(市川右太衛門、美空ひばり、大川橋蔵)1955年(昭和30年)
東映「赤穂浪士 天の巻 地の巻」(片岡千恵蔵、市川右太衛門、東千代之介、月形龍之介)1956年(昭和31年)

東映「父子鷹」(市川右太衛門、長谷川裕見子、北大路欣也、志村喬、月形龍之介)1956年(昭和31年)
東映「旗本退屈男 謎の幽霊船」(市川右太衛門、江原真二郎、薄田研二)1956年(昭和31年)

東映「旗本退屈男 謎の紅蓮塔」(市川右太衛門、田代百合子、横山エンタツ)1957年(昭和32年)
東映「旗本退屈男 謎の蛇姫屋敷」(市川右太衛門、北大路欣也、山東昭子)1957年(昭和32年)

東映「任侠東海道」(片岡千恵蔵、大友柳太朗、片岡栄二郎、市川右太衛門)1958年(昭和33年)
東映「浪人八景」(市川右太衛門、長谷川裕見子、藤田進、千秋実)1958年(昭和33年)

東映「
旗本退屈男」(市川右太衛門、桜町弘子、中村錦之助)1958年(昭和33年)
東映「旗本退屈男 謎の南蛮太鼓」(市川右太衛門、北大路欣也、佐久間良子)1959年(昭和34年)

東映「忠臣蔵 桜花の巻 菊花の巻」(片岡千恵蔵、中村錦之助、市川右太衛門)1959年(昭和34年)
東映「あばれ大名」(市川右太衛門、大川恵子、花柳小菊、丘さとみ、大河内伝次郎)1959年(昭和34年)

東映「あばれ街道」(市川右太衛門、里見浩太郎、花園ひろみ、長谷川裕見子)1959年(昭和34年)
東映「旗本退屈男 謎の大文字」(市川右太衛門、北大路欣也、丘さとみ)1959年(昭和34年)

東映「
榛名はやし 喧嘩鷹」(市川右太衛門、北大路欣也、大川恵子、木暮実千代)1959年(昭和34年)
東映「旗本退屈男 謎の幽霊島」(市川右太衛門、北大路欣也、丘さとみ)1960年(昭和35年)

東映「旗本退屈男 謎の暗殺隊」(市川右太衛門、里見浩太郎、丘さとみ)1960年(昭和35年)
東映「任侠中仙道」(片岡千恵蔵、花柳小菊、東千代之介、市川右太衛門)1960年(昭和35年)

東映「旗本退屈男 謎の七色御殿」(市川右太衛門、久保菜穂子、北沢典子)1961年(昭和36年)
東映「赤穂浪士」(片岡千恵蔵、大川橋蔵、月形龍之介、市川右太衛門)1961年(昭和36年)

東映「天下の御意見番」(片岡千恵蔵、北大路欣也、月形龍之介、市川右太衛門 )1962年(昭和37年)
東映「旗本退屈男 謎の珊瑚屋敷」(市川右太衛門、沢村訥升、北条喜久)1962年(昭和37年)

東映「旗本退屈男 謎の竜神岬」(市川右太衛門、里見浩太郎、美空ひばり)1963年(昭和38年)
東映「新選組血風録 近藤勇」(市川右太衛門、加藤武、佐藤慶、品川隆二)1963年(昭和38年)

東映「雲切獄門帳」(市川右太衛門、本間千代子、三島ゆり子、鳳八千代、笠智衆)1963年(昭和38年)
東映「忍び大名」(里見浩太郎、入江若葉、三島ゆり子、高田浩吉、市川右太衛門)1964年(昭和39年)