南田洋子(みなみだようこ)(1933-2009)

1932年(昭和8年)3月1日東京生まれ。文化学院文学科卒。本名、加藤洋子。

文化学院卒業後、1951年(昭和26年)大映にニューフェースとして、若尾文子と「十代の性典」に出演。
二人のセーラー服の奔放な女学生が印象的だった。

1955年(昭和30年)日活に移籍。
石原慎太郎原作「太陽の季節」で湘南の青春群像を生き生きと演じ、太陽族スターの元祖といわれた。

1961年(昭和36年)長門裕之と結婚。この後「おしどり夫婦」として知られた。

映画だけでなくテレビ出演も多く、音楽番組「ミュージックフェア」では1965年(昭和40年)から
1981年(昭和56年)まで長門と二人で司会を務めた。

晩年は認知症の症状が出始め、2006年(平成18年)に芸能活動を休止。
2009年(平成21年)介護を行った長門の著書「待ってくれ、洋子」が出版され話題となった。









代表作品

大映「十代の性典」(若尾文子、南田洋子、小田切みき、東野英治郎)1953年(昭和28年)
大映「続十代の性典」(若尾文子、南田洋子、小田切みき、嵯峨美智子、長谷部健)1953年(昭和28年)

大映「続続十代の性典」(若尾文子、南田洋子、沢村晶子、船越英二)1953年(昭和28年)
大映「十代の誘惑」(若尾文子、山本富士子、南田洋子、根上淳、船越英二、長谷部健)1953年(昭和28年)

大映「
十代の秘密」(根上淳、南田洋子、木村三津子、入江洋佑、長谷部健)1954年(昭和29年)
大映「近松物語」(長谷川一夫、香川京子、南田洋子)1954年(昭和29年)

大映「楊貴妃」(京マチ子、森雅之、山村聡、小沢栄、山形勲、南田洋子)1955年(昭和30年)
日活「太陽の季節」(長門裕之、南田洋子、石原裕次郎、石原慎太郎)1956年(昭和31年)

日活「わが町」(辰巳柳太郎、南田洋子、大坂志郎、殿山泰司、高友子、北林谷栄、三橋達也)1956年(昭和31年)
日活「
飢える魂」(三橋達也、南田洋子、大坂志郎、小林旭)1956年(昭和31年)

日活「続・飢える魂」(三橋達也、南田洋子、轟夕紀子、大坂志郎)1956年(昭和31年)
日活「
幕末太陽伝」(フランキー堺、左幸子、南田洋子、石原裕次郎、芦川いづみ)1957年(昭和32年)

日活「
ゆがんだ月」(長門裕之、芦川いづみ、南田洋子、大坂志郎、赤木圭一郎)1959年(昭和34年)
日活「南国土佐を後にして」(小林旭、浅丘ルリ子、ペギー葉山、南田洋子)1959年(昭和34年)

日活「拳銃無頼帖」(赤木圭一郎、宍戸錠、笹森礼子、南田洋子)1960年(昭和35年)
日活「青い山脈」(吉永小百合、浜田光夫、高橋英樹、芦川いづみ、南田洋子)1963年(昭和38年)

東映「日本侠客伝 関東篇」(高倉健、長門裕之、南田洋子、藤純子、丹波哲郎、鶴田浩二)1965年(昭和40年)
松竹「智恵子抄」(岩下志麻、丹波哲郎、平幹二朗、南田洋子 )1967年(昭和42年)

フジ「ミュージックフェア」1965年(昭和40年)-1981年(昭和56年)