島崎雪子(しまざきゆきこ)

1931年(昭和6年)2月25日東京生まれ。大田原高等女学校卒。本名、土屋とし子。

女学校卒業後、俳優座養成所で勉強中、読売新聞社主催の「フレッシュガール新人募集」に応募。
千人余の応募者の中からトップで合格。

映画プロデューサー藤本真澄の目に適い、1950年(昭和25年)新東宝「山の彼方に」でデビュー。
「青い山脈」で原節子が演じた女教師の役名「島崎雪子」をもらって芸名とした。

1951年(昭和26年)東宝に入社。成瀬巳喜男監督「めし」市川崑監督「若い人」に出演、
明るい容姿と華やかな雰囲気で青春スターとして人気を得た。

1954年(昭和29年)黒澤明監督「七人の侍」では野武士にさらわれた百姓の女房役を演じ、
その妖しい美貌と眼差し、セリフのない表情だけの演技は語り草になった。

1955年(昭和30年)日活の助監督であった神代辰巳と結婚。
1959年(昭和34年)NHKの歌のオーディションに合格して、シャンソン歌手として紅白歌合戦に出場。

1963年(昭和38年)銀座にシャンソンのライブハウス「エポック」を開店。
1967年(昭和42年)神代辰巳と離婚したのを機に芸能界から退いた。









代表作品

新東宝「山の彼方に 第一部」(池部良、角梨枝子、井上大助、滝花久子、島崎雪子)1950年(昭和25年)
新東宝「山の彼方に 第二部」(池部良、角梨枝子、井上大助、滝花久子、島崎雪子)1950年(昭和25年)

新東宝「夜の緋牡丹」(伊豆肇、島崎雪子、月丘夢路、竜崎一郎、志村喬 )1950年(昭和25年)
東宝「若い娘たち」(池部良、伊豆肇、杉葉子、若山セツ子、島崎雪子、藤原釜足)1951年(昭和26年)

新東宝「麗春花」(島崎雪子、伊豆肇、花井蘭子、島耕二、三宅邦子)1951年(昭和26年)
東宝「青い真珠」(池部良、島崎雪子、浜田百合子、志村喬、山本礼三郎、高堂国典)1951年(昭和26年)

東宝「死の断崖」(上原謙、島崎雪子、中北千枝子、木匠久美子、長岡輝子、菅井一郎)1951年(昭和26年)
東宝「
めし」(上原謙、原節子、島崎雪子、杉村春子、小林桂樹、杉葉子、二本柳寛)1951年(昭和26年)

東宝「慶安秘帖」(大谷友右衛門、島崎雪子、市川段四郎、村田知英子、山村聡、志村喬)1952年(昭和27年)
東宝「
ラッキーさん」(小林桂樹、小泉博、島崎雪子、河村黎吉、沢村貞子、伊藤雄之助)1952年(昭和27年)

東宝「金の卵」(島崎雪子、滝花久子、増渕一夫、中北千枝子、斎藤史子、小林桂樹)1952年(昭和27年)
東宝「若い人」(池部良、久慈あさみ、島崎雪子、杉村春子、小沢栄、斎藤達雄)1952年(昭和27年)

東宝「結婚案内」(杉葉子、島崎雪子、小泉博、伊豆肇、岡田茉莉子、村瀬幸子、二本柳寛)1952年(昭和27年)
東宝「激流」(三船敏郎、久慈あさみ、若山セツ子、田代百合子、島崎雪子、清水将夫)1952年(昭和27年)

東映「人生劇場 第一部 青春愛欲篇」 (佐分利信、高峰三枝子、片岡千恵蔵、島崎雪子)1952年(昭和27年)
東映「魚河岸の石松」(島崎雪子、折原啓子、河津清三郎、徳大寺伸)1953年(昭和28年)

新東宝「嫁ぐ今宵に」 (島崎雪子、山内明、斎藤達雄、坂本武、沢村貞子)1953年(昭和28年)
東映「人生劇場 第二部 残侠風雲篇」(佐分利信、高峰三枝子、片岡千恵蔵、島崎雪子)1953年(昭和28年)
 
東映「七番街襲撃」(宇佐美淳、島崎雪子、竜崎一郎、徳大寺伸、小杉勇)1953年(昭和28年)
新東宝「愛の砂丘」(滝沢修、田村秋子、島崎雪子、和田孝、高島忠夫)1953年(昭和28年)

新東宝「もぐら横丁」(佐野周二、島崎雪子、堀越節子、片桐余四郎)1953年(昭和28年)
東映「素浪人奉行」(市川右太衛門、島崎雪子、三浦光子、進藤英太郎)1953年(昭和28年)

新東宝「明日はどっちだ」(舟橋元、香川京子、島崎雪子、池部良、宇野重吉)1953年(昭和28年)
東映「薔薇と拳銃」(鶴田浩二、島崎雪子、新倉美子、宇野重吉、力道山)1953年(昭和28年)

東映「この太陽」(若原雅夫、角梨枝子、島崎雪子、船山汎、村田知英子)1954年(昭和29年) 
松竹「日の果て」(鶴田浩二、島崎雪子、岡田英次、木村功)1954年(昭和29年)

松竹「濡れ髪権八」(高橋貞二、島崎雪子、嵯峨美智子、北上弥太郎)1954年(昭和29年)
東映「花と竜 第一部 洞海湾の乱斗」(藤田進、島崎雪子、星美智子、山根寿子)1954年(昭和29年)

東映「花と竜 第二部 愛憎流転」(藤田進、島崎雪子、波島進、船山汎、山根寿子)1954年(昭和29年)  
東宝「七人の侍」(三船敏郎、志村喬、津島恵子、島崎雪子、藤原釜足、加東大介)1954年(昭和29年)