Windows Vista について             Top Page

Windows Vista (ウィンドウズビスタ)は、Windows XPに変わる、新しいOSとして、2007年1月30日、Micorsoft (マイクロソフト) 社から発売されました。

Windows Vista には Aero(エアロ) と呼ばれる新しいGUI (グラフィカル・ユーザー・インターフェイス) が組み込まれ、3D表示や透明表示、アニメーション効果が強調されたため、見た目が大きく変化しました。

GUIの変更に目を奪われがちですが、セキュリティ機能の強化や検索処理性能の向上、またネットワーク関連機能の強化など、かなり大幅な機能強化が特徴となっています。

また Windows Vista には 4つのエディションがあり、ベーシックな基本機能をサポートする「Home Basic」、マルチメディア機能をサポートした 「Home Premium」、ビジネスユーザー向けの 「Business」、最上位エディションの 「Ultimate」 があります。

■Vista Home Basic
Windows XPにおけるHome Editionに対応するエディションで、IE 7サポートやスパイウェア対策ソフトのWindows Defenderなどのセキュリティ強化、Vistaのアプリケーション・プラットフォームである.NET Framework 3.0など、Vistaの必要最低限の機能がサポートされています。

ただし、Vistaの目玉機能の1つでもある Windows Aero はサポートされていません。
Aeroをフル機能で使うには、グラフィックス・ハードウェアに高い性能が要求されますが、こうした高性能のグラフィックス・デバイスを搭載しない低価格コンピュータを意識したエディションだといえます。

■Vista Home Premium
Windows XP Media Center Editionに対応するのが、このVista Home Premiumです。
下位エディションであるHome Basicのすべての機能に加え、Aeroがサポートされ、さらにマルチメディア・オーサリング機能、テレビ表示/録画機能、DVDメディアへの書き込み機能などがサポートされています。
いわゆる 「テレビ・パソコン」 などと呼ばれる個人向けハイエンドPCに搭載されるエディションで、家庭用コンピュータ向けの専用エディションといえます。

■Vista Business
Vista Businessは、ビジネス・ユーザー向けのベーシック・エディションで、現行のWindows XP Professional に対応するものです。
Vista Businessでは、Active Directory ドメインへの参加が可能で、ドメインをベースとする集中管理用の各種ポリシーが提供されるなど、効率的な集中管理を可能にする各種機能がサポートされています。
もちろん新GUIの Aeroもサポートされています。

■Vista Ultimate
ほかの3種類のエディション(Home Basic、Home Premium、Business)すべての機能を包含するVistaの最上位エディションです。
個人、企業利用を問わず、高いコンピュータ・スキルを持つユーザーで、標準ツールや標準機能を自身の裁量で使いこなせるユーザー向けのエディションといえます。


<Windows Vistaを快適に動かすためには>

●メモリー
・メモリーは2GB。
・とにかく大容量のメモリーが重要。
メモリーを増設することでビデオカードのパフォーマンスが向上します。
また、メモリーに余裕があると、XPよりも高速動作が可能となります。

●ビデオカード
・Vistaの大きな特徴であるAeroを使うためには128MB以上のビデオメモリを搭載したビデオカードが最低限必要。
・できれば256MB。ストレスなくAeroの機能を使うには512MB欲しいところ。

●周辺機器
・TVチューナーカードが要注意。
Aeroと今までのTVチューナーカードの表示手法は共存できないので、Vista対応のDriver (WDDM) が必要となります。
これからTVチューナーカードを購入する場合はVista対応のDriverはどうなっているか要確認。


<持っているマシンに Vista をインストールするには>

●CPU
・デュアルコアCPU (Athlon64x2やCore2DUOなど)
・動作クロック2GHz以上
 
・動作クロック1〜2GHz → 一応使用はできるが快適な使用は難しい。快適な使用のためにはアップグレードが必要。
・動作クロック1GHz未満 → 起動はするというレベルで vista (ビスタ) 使用には大幅なアップグレードもしくは買い替えが必要。

●メモリ
・2GB以上 → 一般的な使用においてはストレスなく使用できる
特定の動作でXPより高速動作が望める。
CG作成や動画編集など大容量が必要な目的には、64bitEditionの vista (ビスタ) で4GB以上のメモリ搭載が望ましい。
・1〜2GB → XPよりはパフォーマンスが同じか落ちる
・1GB未満 → vista (ビスタ) が起動しますが、使用するには2GBを目指して増設が望ましい。

●ビデオメモリ
・512MB搭載 → 非常に快適にAero が動作します。
XPでは一部のゲームでしか 256MBとの違いが判別できなかったが Vista では違いがわかる。

・256〜512MB搭載 → 問題なく Aero が動作します
・128〜256MB搭載 → Aero は動作しますが、もたつきが感じられるかもしれません。
重く感じられる使用環境では 256MB 以上へと買い替えを推奨します。

ビデオメモリ搭載容量の確認手順
ファイル名を指定して実行 → 「dxdiag」と入力。[OK]
「DirectX 診断ツール」 が起動したら [ディスプレイ] タブをクリックします。



ホームページへもどる