2月9日    アナと雪の女王  (Frozen)  2013年 (平成25年)                      
直線上に配置              

アレンデール王家の姉妹、エルサとアナ。
触れるもの全てを凍らせてしまう「禁断の力」を持つ姉エルサは、妹アナを傷つけることを恐れて、幼い頃からその力を隠し続けてきた。

だが、エルサが新女王となる戴冠式で、彼女は「禁断の力」を制御できず、夏の王国を真冬に変えてしまう。

城から逃亡した彼女は、禁断の力を思うがまま解き放ち、一人だけの雪と氷の城を作り上げる。

一方、妹のアナは、雪と氷の世界に閉ざされてしまった王国を救うため、山男のクリストフとトナカイのスヴェンと共にエルサが築いた氷の城へ向かう。

アナの想いは凍った世界を溶かすことができるのか?
凍った世界を救い奇跡を起こす「真実の愛」とは何か?

運命に引き裂かれた二人のヒロインが繰り広げるドラマティック・ファンタジー。


アナと雪の女王(Frozen)2013年(米、ディズニー)
監督:クリス・バック(Chris Buck)脚本:ジェニファー・リー(Jennifer Lee) 原作:ハンス・アンデルセン(Hans Andersen)

-----------------------------------------------------------------------------------------

「アレンデール王国」のモデルとなったのが、ノルウェー南西部の町ベルゲン。

カラフルな三角屋根の建物がずらりと立ち並ぶ光景は、まるで絵本の中から飛び出してきたかのよう。
どこからかアナやエルサが現れてくるような気がしませんか?

映画をつくるにあたって、美術スタッフはノルウェーへと「リサーチ旅行」へ出かけたそうです。
そこで見た北欧の壮大な自然や文化からインスピレーションを得て、ファンタジック・アニメ「アナと雪の女王」をつくりあげました。

小さいシーンですが「クラムカカ」(krumkake)が出てくるシーンがあります。
クレープを巻いた菓子にシュガーパウダーをまぶした北欧の伝統的な巻き菓子です。

本作は、ノルウェーの景色や建物、民族衣装、食べ物にいたるまで、北欧を思いっきり体感できる映画といえますね。

直線上に配置
       
                    (let it go)