7月9日   赤穂浪士 1702年(元禄15年)     歴史年表       真日本史
直線上に配置                    

元禄14年(1701年)3月14日、江戸城は松の廊下。
赤穂藩主・浅野内匠頭は、吉良上野介からの度重なる侮辱にたえかね、刃傷に及ぶ。

幕府裁定で内匠頭は切腹、お家は断絶、だが吉良上野介はお咎めなしという処分であった。
赤穂城にて悲報を受けた赤穂藩家老・大石内蔵助は、幕府裁定を不服とし、家臣らと密かに仇討ちを誓う。

翌元禄15年12月14日、内蔵助をはじめとする赤穂浪士47名が吉良邸に討ち入り主君の仇を討つ。

これは当時の思想や習慣からすると、身命を捨てての主君の仇討ちは全くの義挙であった。
当時の世論はこの襲撃をほめたたえ、それが47士の助命論となって現れたのである。

だが彼らを助命すれば、刃傷事件のときの幕府裁定が間違っていたことになる。幕府は進退きわまった。
そこで時の将軍綱吉は、上野寛永寺の住職・公弁法親王(こうべんほっしんのう)に意見を求めた。

法親王は皇族であるため、江戸において将軍が頭を下げる唯一の人物である。
将軍綱吉は、いったん切腹と決めてから、法親王に助命を言い出してもらおうと考えたのである。

だが法親王は「彼らは一命を賭して本懐を遂げたのだ。死に華を咲かせてやるのがよかろう」と答えた。
やむなく幕府は47士を、作法通り切腹させることにしたという。

赤穂浪士は、江戸の町で許可なく兵を動かし私闘を演じたのだから、彼らの行動は幕府に対しては不忠義である。
したがって本来なら、打ち首という最悪の厳罰が下されても仕方がない立場にあったのだ。

だが幕府は名誉ある切腹という結論を下した。当時の幕府は、家臣の主君へ忠義を推進する立場にあった。
主君のために命を張った赤穂浪士を無下にはできなかったのだ。

一方、吉良家は、討ち入りに参加した赤穂浪士よりはるかに多い侍を擁していながら、主君を殺害されており、
武士としての本分を果たさなかったとして、領地没収・お家断絶の幕府裁定が下されている。

直線上に配置