十五夜

お盆が過ぎ、時折り聞こえてくる虫の音に夏の終わりを惜しみつつ、日ごとに優しくなる日差しに秋の訪れを感じる今日この頃。

秋と言えばお月見ですね。
月と言えば思い出される「かぐや姫」のお話や、「お餅をつく月の兎」など月に関するお話はいろいろありますね。

お月見は中国が発祥の地のようですが、日本に伝わったのは平安時代。
中国では月餅を食べていましたが、日本に来ると月見団子に変わってしまいました。

旧暦の七月を初秋・八月を仲秋・九月を晩秋と呼び、満月の夜に月見の宴をするのが習わしでした。
この季節は温度が急に下がる為、空気が澄んで月が最もきれいに見えます。

旧暦の八月十五日の夜を「十五夜」と言い、「仲秋の名月」として賞でるようになりました。
縁側に、おだんごと秋の七草(すすき)、里芋、果物をお供えします。
秋の実りに感謝して、秋を感じてみましょう。

<秋の七草>
@萩(はぎ)A尾花(おばな)すすきのことB葛(くず)C撫子(なでしこ)D女郎花(おみなえし)E藤袴(ふじばかま)F桔梗(ききょう)