ローマ帝国の繁栄           歴史年表         ヨーロッパ史
直線上に配置                

ローマ帝国の繁栄

アウグストゥスから約200年間、帝国は平和で、おおいに栄えたので、「ローマの平和」(Pax Romana パックス・ロマーナ)とよばれます。

とくに、1世紀の末から2世紀の後半のほぼ100年間には、5人のすぐれた皇帝が現れ、「五賢帝時代」とよばれます。



そのうち、2世紀の初めのトラヤヌス帝(Trajan 在位:98−117年)のときには、東はメソポタミアから、西はイベリア半島、北はライン川とドナウ川、南は北アフリカにいたる広大な領土を支配しました。

商業も活発になり、インドからはコショウなどの香辛科が、中国からはシルク・ロードを通って絹などがもたらされました。

「すべての道は、ローマに通じる」(All roads lead to Rome)のことばからわかるように、帝国の領土内には網の目のように道路がつくられました。

ローマと南イタリアを結ぶ 540q のアッピア街道(Appian Way)は、「街道の女王」(The Queen of the Roads)とよばれました。

街道にそって、各地にローマ風の都市がつくられ、水を運ぶ水道施設もつくられました。

ローマ水道橋(Roman Aqueduct)は、山中の水源から遠隔の都市へ水を引くために造られたもので、最も長いもので140qの長さがありました。




次のハドリアヌス帝(Hadrian 在位:117−138年)の時代に、ローマ帝国は最盛期を迎えます。

ハドリアヌスは、ローマ全土を各地をあまねく視察してローマ国家の防衛と安定に努めました。

また、ブリタニアに「ハドリアヌスの長城」(Hadrian's Wall)を建設し、ここを北辺国境と定めました。

ブリタニアは、スコットランド、イングランドなどが集まった国ですが、そのイングランドとスコットランドの境界に長城が建設されています。

長城の城壁は、高さ6m、長さは東西に117kmに及びました。





首都ローマに建設されたコロセウム(Colosseum)は、5万人も入れる闘技場で、剣闘士奴隷と猛獣の戦いなどがおこなわれて、ローマ市民をよろこばせました。

コロセウムの出しものは、午前中が「ポエニ戦争の巻」などの歴史ものを上演しました。

ポエニ戦争から、もう200年はたっていましたから、ローマの人々は「時代劇」を見るような感覚で楽しんでいました。

殺傷シーンでは、本当に死刑囚が殺害されたりしていました。

ランチタイムの余興が「キリスト教徒VSライオン」、そして午後からが、いよいよ剣奴の戦いでした。
当時のローマ人は、飽くなき快楽を追求していたのです。



カラカラ浴場(Baths of Caracalla)は、カラカラ帝(Caracalla 在位:209−217年)がローマ市街の南端付近に造営したローマ浴場です。

サウナ、冷浴室のほか、運動場や図書館までそなえていて、一度に1600人を収容するほどの規模でありました。

古代のローマ人は大変お風呂が好きだったようで、最盛期には首都ローマだけでなんと、170もの浴場があったと言われています。


ローマ帝国の衰退

五賢帝最後のマルクス・アウレリウス帝(Marcus Aurelius 在位:161−180年)の時代が終わったころから、ローマ帝国にかげりが見えはじめました。

東方からはササン朝ペルシア(Sasanian Empire)が、北方からはゲルマン人がローマ帝国をおびやかすようになり、ますます強力な軍隊が必要になりました。

こうなると各地の軍隊は、かってに自分たちのつごうで皇帝を立てたり、しりぞけたりしました。

こうして、およそ50年のあいだに、26人もの皇帝が交替しました。
この時代を「軍人皇帝時代」といいます。

3世紀末に皇帝になったディオクレティアヌス帝(Diocletian 在位:284−305年)は、皇帝の権力を強めて専制君主政(Dominate ドミナトゥス)を始めました。

さらに、コンスタンティヌス帝(Constantine I 在位:306−337年)も首都をローマからコンスタンティノープル(Constantinople いまのイスタンブル Istanbul)にうつして帝国を立てなおす改革につとめました。

しかし、効果はいっときのものでしかなく、4世紀後半からは、ゲルマン民族の侵入がはげしくなってきました。     
395年にテオドシウス帝(Theodosius I 在位:379−395年)が死ぬと、ローマ帝国は、ついに東ローマ帝国と西ローマ帝国に分裂してしまいました。

東ローマ帝国は、このあと1000年間もつづきましたが、西ローマ帝国は、476年にゲルマン人に滅ぼされました。


   
             





西洋版謙信

ペルシア王から、鉄を売って下さいという使節が、ローマのコンスタンティヌス大帝のところへきた。

大帝はこれに許可を与えたので家臣たちが諫めた。「敵に武器の原料を与えて強くしてやるとは」

すると大帝 「朕の息子が一層強くなった敵を破れば、名誉も一層ではないか」