12月29日   万引き家族   2018年(平成30年)       邦画名作選
直線上に配置                        


治と息子の祥太は、万引きを繰り返して生計を立てている。

ある冬の晩、アパートの片隅で幼い少女が寒さに震えていた。
見るにみかねて その少女を自宅に連れて帰る二人。

知らない子供を連れて帰った夫に戸惑う妻の信代。
だが、虐待を受けていた痕跡をみて、家で面倒を見ることに…。


2018年(平成30年)第71回カンヌ国際映画祭パルムドール(最優秀賞)受賞作品。
貧困と家族の崩壊をテーマに、犯罪の裏にある人間の哀しみや孤独を描いた一作。

登場人物は、実際は誰も本当の家族ではないのだが、実に家族的な雰囲気を醸し出している。
観客は、擬似家族の幸せそうな構図を見て、いつのまにか、彼らに感情移入してしまうのだ。

だが、彼らは貧困にあえいでおり、その防衛策として、犯罪まがいのことに手を染めている。
見よ! 一家団らんの食卓に並べられているのは「万引き」で得た食料ばかりではないのか。

彼らは、そうしなければ生きられない、社会の「底辺」に置き去りにされた存在なのである。
生活苦のために犯罪が正当化されるような演出がなされているが、それは映画の趣旨ではない。

この映画は「万引き家族」を生み出している社会の悲惨な状況を描くことで、その背景にある
政治的貧困をシニカルに示唆しているのだ。


  製作  フジテレビ  配給 ギャガ
  監督  是枝裕和 (これえだ ひろかず)

  配役    柴田治 リリー・フランキー 柴田祥太 城桧吏 4番さん 池松壮亮
      柴田信代   安藤サクラ        柴田初枝   樹木希林       柴田譲   緒形直人
      柴田亜紀 松岡茉優 ゆり 佐々木みゆ 柴田葉子 森口瑤子

直線上に配置