イパネマの娘 (GIRL FROM IPANEMA)        


彼女をごらん  神の与えたもうた あの美しさ 愛くるしさ

ゆっくりと まるで詩のような 優美な足取りで

海辺を歩いてゆく イパネマの太陽に祝福されて



ボサノバ (ボサノヴァ / Bossa Nova)

リオデジャネイロのイパネマ海岸を見下ろす高級マンション。
ボサノバはここで生まれました。

「イパネマの娘」は、世界中で多くカヴァーされたポピュラー・ソングの一つで、ボサノバのナンバーとしてはもっとも有名。

イパネマ海岸のカフェから眺める若者たちの前を、サンバを踊るように通り過ぎたイパネマの娘。

その若者たちが一人の娘に魅せられた気持ちを綴ったナンバー。
この曲はブラジルの美しい「イパネマ海岸」を舞台にした本当のお話がもとになっています。

軽快なリズム、クールで知的に洗練された和音の進行、新ジャンルの音楽。
その名のとおりボサノバは「新しい感覚(Bossa Nova)」というポルトガル語。

1950年代後半に、リオ・デ・ジャネイロのイパネマやコパカバーナなどの海岸地区に住むミュージシャンたちによって生み出された新しい感覚のブラジル音楽です。

サンバをはじめとするブラジルの伝統的な大衆音楽をベースに、若者たちの求めていた心地よく洗練された「新しい感覚」のサンバとして成立したのです。