デヴィ・スカルノ (Dewi Sukarno)

1940年(昭和15年)2月6日生まれ。東京出身。三田高中退。日本名は根本七保子(ねもとなおこ)

1956年(昭和31年)高校を中退後、赤坂の高級クラブ「コパカバーナ」で働く。

1959年(昭和34年)19歳のときに貿易会社の秘書という名目でインドネシアに渡る。
この一件に当時「昭和のフィクサー」と呼ばれた暴力団関係者の児玉誉士夫が関わっていたとされる。

1962年(昭和37年)にスカルノ大統領と正式に結婚、4人の夫人のうちの第3夫人になる。

1965年(昭和40年)スカルノの失脚後、ヨーロッパにわたる。
1970年(昭和45年)離婚、ジャカルタをへて1991年(平成3年)ニューヨークに移住。

その後帰国し日本でタレント活動。