兵隊やくざ  1965年(昭和40年)       邦画名作選
直線上に配置

昭和18年、太平洋戦争末期の中国大陸。
満州に駐屯する関東軍の兵舎に、やくざの用心棒だった大宮貴三郎が入隊してきた。

大宮の指導係には有田上等兵が任命される。
有田は名門出身のインテリで、あえて戦場に赴いたという変わった経歴の男だった。


有馬頼義の原作「貴三郎一代」を、菊島隆三が脚色、増村保造が監督した娯楽映画。

非人間的な軍隊の中で、元やくざの用心棒で、無学無知の大宮を勝新太郎が演じている。
大宮は新兵だが、傲慢で不遜な態度で、先輩や上官に睨まれる。

大宮の味方は指導係だった有田上等兵(田村高広)で、二人は奇妙な友情で結ばれる。
見どころは、暴れん坊の大宮が有田の指示には素直に従う様である。

水と油のような二人だが、筋の通らないことを憎み自由を渇望する点が共通している。
この部分で、本作の世界観と人間の関係性がうかがえる。

また淡路恵子演じる芸者音丸との別れのシーンや、脱走する大宮と有田のやりとりなど
戦争のむなしさを描き出している。



  製作  大映
  監督  増村保造

  配役   大宮貴三郎 勝新太郎 音丸 淡路恵子
      有田上等兵 田村高広 黒金伍長 北城寿太郎

直線上に配置