レインボーブリッジ

レインボーブリッジは平成5年に竣工した東京港を横断するつり橋です。
長さ798メートル、東日本では最長のつり橋で、芝浦地区と臨海副都心を結んでいます。
橋は二層構造になっていて、上階は首都高速道路、下階は一般道路と歩道と、それに「ゆりかもめ」と呼ばれる無人の臨海高速鉄道が走ります。
シルエットの美しい白い橋は、東京港のシンボルとも言われています。


(遊歩道レインボープロムナード)
歩道の両側にそれぞれ無料の遊歩道があり、「ノース=晴海側」「サウス=お台場側」となっています。
眺めのオススメはサウスルート。
真横にある道路の通行量が多いため落ち着けるデートスポットではありませんが景色は抜群です。


(アクセス)
芝浦側 新交通ゆりかもめ「芝浦埠頭駅」下車 徒歩5分
台場側 新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」下車 徒歩15分