若さま侍捕物帖   1960年(昭和35年)       邦画名作選
直線上に配置

おとそ気分の松の内、奇怪な事件が発生した。
酒問屋伊勢屋の清酒で、将軍お毒味役が変死してしまったのだ。

それを受けて伊勢屋には取り潰しの処分が下される。
見に覚えのない処分を下された伊勢屋の主人は、体を壊して亡くなってしまう。

伊勢屋の娘は父の無念を晴らそうと、この陰謀を仕組んだ一味への復讐を誓う。
事件を知った若さまは、伊勢屋の娘の助太刀を買って出るが…。


粋でいなせな江戸っ子若さまが、得意の名推理と秘剣十文字崩しを引っさげて、
私欲に走る悪党どもの野望を叩っ斬る!「若さま侍捕物帖」シリーズ第八作目。

俗に五大捕物帖の一つ「若さま侍捕物帖」は、大川橋蔵の最初のヒット・シリーズである。
昭和31年「若さま侍補物手帖・地獄の血屋敷」を第一作に、昭和37年まで全十作が作られた。

橋蔵が扮する若さまは、柳橋の船宿に居候し、昼間から船宿の娘・おいとに酌をさせている。
だが与力、目明しという本職から事件を持ち込まれると、暇潰しの如く一気に解決してしまう。

貴公子然とした若さまぶりが、橋蔵の個性とマッチして大好評となった傑作娯楽時代劇である。


 
  製作  東映
  監督  佐々木康

  配役    若さま 大川橋蔵 おいと 桜町弘子 堀田加賀守 坂東好太郎
      目明し小吉 本郷秀雄 おちか 三田佳子 鈴木妥女 山形勲
      与力佐々島 千秋実 お澄 花園ひろみ 唐金屋 三島雅夫
      頓平 茶川一郎 奈美 岡田ゆり子 英明院 花柳小菊

直線上に配置