川島雄三(かわしまゆうぞう)(1918-1963)

1918年(大正7年)2月4日生まれ。青森県出身。明治大学専門部文芸科卒。

大学卒業後、松竹大船撮影所に入社。渋谷実、島津保次郎、小津安二郎、木下恵介らの助監督についたのち、
1944年(昭和19年)織田作之助原作「還って来た男」で監督デビュー。

1946年(昭和21年)「追ひつ追はれつ」では日本初のキスシーンを撮った。

1954年(昭和29年)日活へ移籍。1957年(昭和32年)「幕末太陽伝」は、古典落語の主人公
「居残り佐平次」と幕末の志士との駆け引きを活写する自身の代表作となった。

1957年(昭和32年)東宝系の東京映画へ移籍。かたわら大映でメガホンを取った「女は二度生まれる」
「雁の寺」「しとやかな獣」の3作品で若尾文子と組み、作品を残す。

監督昇進の頃から、筋萎縮性側索硬化症に冒され歩行等に障害を有していた。
1963年(昭和38年)6月11日死去。享年45歳。








代表作品

松竹「還って来た男」(笠智衆、佐野周二、吉川満子、小堀誠、田中絹代)1944年(昭和19年)
松竹「ニコニコ大会 追ひつ追はれつ」(森川信、空あけみ、山茶花究、幾野道子、日守新一)1946年(昭和21年)
松竹「シミ金のオオ!市民諸君 」(高屋朗、朝霧鏡子、堺駿二、南進一郎、小池妙子)1948年(昭和23年)
松竹「天使も夢を見る」(鶴田浩二、佐田啓二、河村黎吉、津島恵子)1951年(昭和26年)

松竹「適齢三人娘」(若原雅夫、吉川満子、幾野道子、津島恵子、大坂志郎)1951年(昭和26年)
松竹「とんかつ大将」(佐野周二、津島恵子、角梨枝子、高橋貞二、三井弘次、幾野道子)1952年(昭和27年)
松竹「娘はかく抗議する」(井川邦子、大木実、桂木洋子、高杉早苗、高橋貞二)1952年(昭和27年)
松竹「東京マダムと大阪夫人」(三橋達也、月丘夢路、大坂志郎、芦川いづみ)1953年(昭和28年)

松竹「真実一路」(山村聡、淡島千景、桂木洋子、多々良純、佐田啓二)1954年(昭和29年)
日活「愛のお荷物」(山村聡、三橋達也、山田五十鈴、北原三枝、轟夕起子)1955年(昭和30年)
日活「あした来る人」(月丘夢路、三橋達也、山村聡、三国連太郎、新珠三千代)1955年(昭和30年)
日活「銀座二十四帖」(月丘夢路、三橋達也、北原三枝、浅丘ルリ子、大坂志郎)1955年(昭和30年)

日活「風船」(森雅之、芦川いづみ、三橋達也、北原三枝、新珠三千代、左幸子、二本柳寛)1956年(昭和31年)
日活「洲崎パラダイス赤信号」(新珠三千代、三橋達也、轟夕起子、芦川いづみ、河津清三郎、小沢昭一) 1956年(昭和31年)
日活「わが町」(辰巳柳太郎、南田洋子、大坂志郎、殿山泰司、高友子、北林谷栄、三橋達也)1956年(昭和31年)
日活「飢える魂」(三橋達也、南田洋子、大坂志郎、小林旭)1956年(昭和31年)

日活「続・飢える魂」(三橋達也、南田洋子、轟夕起子、大坂志郎、金子信雄)1956年(昭和31年)
日活「幕末太陽伝」(フランキー堺、左幸子、南田洋子、石原裕次郎、芦川いづみ)1957年(昭和32年)
東宝「女であること」(森雅之、原節子、久我美子、香川京子、三橋達也)1958年(昭和33年)
東宝「暖簾」(森繁久彌、山田五十鈴、中村鴈治郎、浪花千栄子)1958年(昭和33年)

東宝「グラマ島の誘惑」(森繁久彌、フランキー堺、三橋達也、浪花千栄子、轟夕起子)1959年(昭和34年)
東宝「貸間あり」(フランキー堺、淡島千景、乙羽信子、浪花千栄子、清川虹子)1959年(昭和34年)
東宝「人も歩けば」(フランキー堺、沢村いき雄、沢村貞子、小林千登勢、淡路恵子)1960年(昭和35年)
東宝「赤坂の姉妹 夜の肌」(淡島千景、新珠三千代、フランキー堺、松村達雄、久慈あさみ)1960年(昭和35年)

東宝「縞の背広の親分衆」(森繁久彌、フランキー堺、淡島千景、団令子、田浦正巳)1961年(昭和36年)
東宝「特急にっぽん」(フランキー堺、団令子、白川由美、小沢栄太郎、中島そのみ)1961年(昭和36年)
大映「女は二度生まれる」(若尾文子、藤巻潤、フランキー堺、山村聡)1961年(昭和36年)
東宝「花影」(池内淳子、佐野周二、池部良、高島忠夫、淡島千景)1961年(昭和36年)

大映「雁の寺」(若尾文子、三島雅夫、木村功、中村鴈治郎)1962年(昭和37年)
東宝「青べか物語」(森繁久弥、東野英治郎、南弘子、左幸子、フランキー堺)1962年(昭和37年)
東宝「箱根山」(東山千栄子、加山雄三、佐野周二、渡哲也、星由里子、森繁久彌)1962年(昭和37年)

大映「しとやかな獣」(若尾文子、伊藤雄之助、山岡久乃、川畑愛光、浜田ゆう子、高松英郎)1962年(昭和37年)
東宝「喜劇 とんかつ一代」(森繁久彌、淡島千景、加東大介、木暮実千代、フランキー堺)1963年(昭和38年)
東宝「イチかバチか」(伴淳三郎、ハナ肇、高島忠夫、団令子、福田公子)1963年(昭和38年)