ゆりかもめ

東京臨海新交通臨海線「ゆりかもめ」は、平成7年11月1日に全自動運転の新交通システムとして開通しました。
起点の新橋駅からお台場を回り、終点の有明駅まで全長12Kmの路線です。

「ゆりかもめ」開業当時の乗客数は予測値よりも遥かに少なかったようですが、東京ビックサイト(国際展示場)が開業し、これがゆりかもめ利用者の大幅増加に繋がり、その後の台場地区への「フジテレビ」移転、ソニーによるMediage(メディアージュ)のオープンなどにより、ますます旅客数が順調に伸びていったという背景があります。

「お台場」
もともと今の「お台場」とは、大砲などを備えて国を守るために砲撃準備をしていた(ペリー来航後)陣地の跡地の事を言います。

「フジテレビ本社」(台場駅から徒歩3分)
観光バスのルートにも組まれる人気スポット。
球体展望室から美しい夜景が望め、スタジオプロムナードでは人気番組の紹介が行われ、スタジオを覗くこともできます。

「東京ビッグサイト」(国際展示場正門駅前)
東京国際見本市協会と東京国際貿易センターとの統合会社。
(株)東京ビッグサイトが運営しており、東京国際展示場とも呼ばれています。
様々なイベントが行われており、ゆりかもめもこのイベント時は大混雑します。

「メディアージュ」(台場駅から徒歩2分)
最高の設備で快適に映画を楽しめるシネマ・メディアージュをはじめ、新生活体験型ショールームであるソニースタイル、フジテレビのオープンスタジオ・SDMなどエンタテイメントがいっぱい。

「臨海副都心」
東京都が7番目の副都心として開発を進めている都市。
レインボータウンという愛称が付いています。