ののとゆかいな仲間達 (その228)         Top Page


2010年10月11日  激☆音ボケ (スマイレージ)



101011geki.wmv



2010年11月17日  44thシングル 「女と男のララバイゲーム」

作詞・作曲:つんく 編曲:平田祥一郎  オリコン6位

C/W 愛され過ぎることはないのよ

亀井絵里、ジュンジュン、リンリン ラスト参加シングル


MM101128MJ.wmv







2010年11月22日 水戸黄門 第42部 「じゃじゃ馬姫の逃避行」 (藤本美貴)



101122miki.wmv




2010年12月15日  亀井絵里 「完全燃焼しました!」 ジュンジュン、リンリン とともに卒業


アイドルグループ「モーニング娘。」現メンバーでの最後のコンサートツアーが15日、
横浜アリーナ(横浜市港北区)で最終日を迎えた。

この日で亀井絵里さん、リンリンさん、ジュンジュンさんが卒業。
ファン1万人を前に、亀井さんは「デビューしてから約8年。

あんなに泣いたり笑ったりしたのが今では夢のようです。
モーニング娘。になれてよかった。メンバーとがんばってきてよかった。
ファンの皆さんと出会えてよかった。モーニング娘。は、永遠の愛の形! 
いつまでも、いつまでも私の宝物です!」 と涙。

メンバーたちも号泣で、最後の曲 「涙ッチ」 を歌い終えると、
ファンに手を振りながらアリーナを一周。

亀井さんは 「亀井絵里!完全燃焼しました!」 と満面の笑みを見せた。

「モーニング娘。コンサートツアー2010秋~ライバル サバイバル~」
と題された同ツアーは、9月18日 の神奈川・座間での公演を皮切りに
全国17会場で展開された。

最終日となるこの日は、03年に第6期メンバーとしてデビューした亀井さん、
07年に第8期メンバー (留学生) として加入したジュンジュンさん、リンリンさん
の3人が、「モー娘。」と「ハロー!プロジェクト」を卒業。

「モー娘。」は、リーダーの高橋愛さん、新垣里沙さん、道重さゆみさん、田中れいなさん、
光井愛佳さんの5人となる。

公演では 「そうだ!We're ALIVE」 からスタートし、メドレーを含む全24曲が披露された。
亀井さんら卒業メンバー3人はそれぞれ用意してきた手紙を読み上げた。

ジュンジュンさんは 「みなさんはジュンジュンの日本の家族です。
ずっと忘れない。中国に帰っても、ファンの皆さんのため、大好きなモーニング娘。のため、
支えてくれたスタッフやつんく♂さんのため、めっちゃめっちゃがんばるから、
いつか成長したジュンジュンを見せたい」、

リンリンさんは 「メンバーとはずっと一緒にすごしてきました。
わたしは一人っ子政策の一人っ子だから、家族みたいでうれしかった。
つんく♂さん!モーニング娘。というすてきな家族につれてきてくれてありがとう」
とあいさつし、涙ながらに 「渡良瀬橋」 を歌いあげた。

田中さんは 「今日は絶対泣かんとこうと思っとったのに ……」 と涙。
道重さんも亀井さんにメッセージを贈る際に 「本当に何ていったらいいのかわからない……。大好き!」
と抱き合った。

高橋さんは 「本当にモーニング娘。最高ですね。こんな最高のメンバーが8人。
3人が残してくれたものはすごく大きいので、これからもモーニング娘。は進化していきたい。
がんばります」 と新たなスタートへの決意も語った。

この日の公演の模様は、「スカパー!」 で 3D 生中継された。

(毎日新聞デジタル 2010年12月15日)




亀井絵里さん
ジュンジュン
リンリン
卒業おめでとう
そしてお疲れさまでした。
たくさんのファンに温かく見送られ、3人にとって素敵な卒業式になりましたね。


>亀井絵里さん

「自分が亀井絵里として生まれてきて良かった。」
卒業の手紙でそう語ったあなたに感動しました。

「自分を変えたい」 と思って娘。に入ったという亀ちゃん。
ハロモニで個性を発揮し、衝撃のリポーター 「エリザベス亀井」 の活躍は、日本中を爆笑の渦に巻き込みました。

8年前、娘。加入当初は、本当にもの静かでおとなしく、控え目な雰囲気でした。
狭いところでゾクゾクするとか、幸が薄いとか、人見知りで引っ込み思案だった亀ちゃん。

そのあなたが、まさかこれほどたくましく、おもいっきり大胆に変身するとは思いませんでした。

レッスンに励み、ステージの上では誰よりも汗をかき、笑顔が輝いていた亀ちゃん。
歌唱力も格段に進歩しました。実は見えないところで懸命な努力を重ねていたのでしょう。

年を追うごとに、一歩一歩着実に、ひとまわりもふたまわりも大きく成長を遂げましたね。

そして本日、晴れてモーニング娘。を卒業。
寂しい気持ちもあるけれど卒業は終わりじゃなくて新しいスタート。

明日からまた新たなチャレンジですね。
今まで娘。で経験されたことを糧にして頑張って下さいますように。
これからのあなたの歩く道が素晴らしいものであるように願っています。


>ジュンジュン

最後の最後に、さゆと仲直りできてよかったですね。
でも、さゆの一方的なジェラシーのようでした (笑

故郷の中国を離れて、お父さんやお母さんと離れて、
たくさんの不安や寂しさを抱えて日本にやって来られたと思います。

辛い時もいっぱいあったはずなのに、いつも明るく振る舞っていましたね。
そんなジュンジュンの心の強さがとてもよく感じられました。

これから新たな道を歩いて行くわけですが、
後悔しない自分の思う道を歩いていって欲しいなと思います。

そしてまたいつか、元気な姿を見ることができる日を楽しみにしています。
3年半本当にお疲れさまでした。


>リンリン

「渡良瀬橋」 は、リンリンにとって特に思い入れのある曲だそうですね。
ファンに別れを告げ、生まれ育った故郷に帰る心情を込め歌いあげたこの曲は圧巻でした。

ムードメーカーという言葉は、リンリンのためにあるような気がします。
底抜けの明るさとユーモアを兼ね持っているリンリンは、いつだって皆の人気者でしたね。

今回の卒業でお別れは、とてもさびしくなってしまうけれど、
これから先ぜひ自身の夢に向けて精一杯がんばって欲しいなと思います。

将来いつの日にかまた元気な姿を見せてくださいね。3年半本当にお疲れさまでした。


101215LL.wmv     ( リンリン 「渡良瀬橋」 )

101215RS.wmv     ( 田中れいな、道重さゆみ 「贈る言葉」 )




2010年12月30日 【レコ大】 最優秀新人賞は スマイレージ ハロプロ期待の美脚グループ

年末恒例の音楽賞 『第52回日本レコード大賞』 の最終選考会が30日行われ、
今年5月にメジャーデビューした4人組ガールズグループ・スマイレージ が
最優秀新人賞を受賞した。

「日本一スカートの短い美脚アイドルグループ」 として話題を呼び、同じく美脚で
話題を呼んだ少女時代との 「美脚グループ対決」 を制した。

モーニング娘。 を筆頭としたアイドル軍団・ハロー! プロジェクト期待の新星として、
昨年4月にハロープロの研修生ハロプロエッグから選抜された4人で結成。

インディーズでの活躍を経て今年 5月26日、「夢見る15歳」 (オリコン最高5位)
でメジャーデビューした。

プロデュースをモー娘。同様につんく♂ が手がけ、受賞後には壇上で 「つんくさーん、
最優秀新人賞取りましたー!」 と喜びを報告し、「たくさんの方に応援してもらって、
来年はレコード大賞とれるように頑張ります」 と意気込んだ。

半世紀以上の歴史を持つ同賞は、今年もTBS系で午後 6時半より東京・初台の新国立劇場から生中継。
司会は堺正章が 15年連続、藤原紀香が 2年連続で担当した。

ここ 3年の新人賞は、
2010年:スマイレージ (最優秀新人)、ICONIQ 「Change Myself」、菊地まどか 「人恋さんさ」、少女時代  「Gee」
2009年:BIGBANG (最優秀新人)、さくらまや、SCANDAL、ヒルクライム
2008年:ジェロ (最優秀新人)、GIRL NEXT DOOR、キマグレン、桜井くみ子、福井舞

(oricon 2010年12月30日)











                 











先頭へ戻る