1月4日 頭の体操  (疲れたときにちょっと一息)                     
直線上に配置

書店で、「頭の体操」シリーズ(カッパブックス)が目にとまりました。

1967年(昭和40)初刊のロングセラー本で、筆者は千葉大名誉教授の教育学者。シリーズは現在も続いていて、読者層は中高校生が中心。
累計部数は千百万部に届きそうだという。ちょっと息抜き(ひまつぶし?)に2、3問解いてみてください。



<クイズ1>

ぶどう酒のビンがある。コルク栓がしてあるのだが、あいにく栓抜きがない。
ビンを割らず、コルクにも穴をあけないで、中のぶどう酒を飲むには、どうしたらよいか。



<クイズ 2>

漂流者は、たどりついた島で、3人の土人に出会いました。
実は3人の正体は「うそつき族」「正直族」「気まぐれ族」のいずれかです。

「気まぐれ族」はホントとウソを時によって使い分け、「正直族」は常にホントのことを、
「うそつき族」は常にウソをつきます。

次のように3人が証言した時、一体誰が「気まぐれ族」でしょう?

黒い土人「私はうそつき族ではありません」
赤い土人「私は正直族ではありません」
黄色い土人「私は気まぐれ族ではありません」

  (解答は2月2日へ)

直線上に配置