1月6日    醉いどれ天使   1948年(昭和23年)     邦画名作選
直線上に配置              

闇市に住む人々を診る町医者の真田は、口は悪いが心根は優しく腕も一流。

そんな真田の元に、闇市の顔役・松永が、銃弾の傷の手当てのために現れる。
真田は松永が肺を病んでいることを知り何かと世話を焼く。

しかし若く血気盛んな松永は素直になれず虚勢を張るばかり…。


戦後の闇市を舞台に、無骨な町医者と肺病病みの若いヤクザの交流を描いた人間ドラマ。
ヤクザな松永に一歩も引かない醉いどれ医師の真田。お互いの人間らしさが全編通して描かれる。

三船敏郎の黒澤映画初出演作であると共に、志村喬の黒澤映画初主演作でもある。
また結核に侵されながらも明るく生きる少女を久我美子が好演、この作品が彼女の出世作となった。



 製作  東宝
 監督  黒澤明

配役 真田 志村喬 美代 中北千枝子
松永 三船敏郎 セーラー服の少女 久我美子
岡田 山本礼三郎 ぎん 千石規子
    奈々江 木暮実千代 高浜 進藤英太郎

直線上に配置