2月28日     アラベスクの踊り方 (Arabesque) 
直線上に配置

片足のつま先で立ちます。
体はしゃんとまっすぐに、脚はぴんと伸ばしましょう。
トゥシューズをはけば、体重はちゃんとつま先にかかります。

挙げた脚は、床と平行になるようにまっすぐ伸ばし、足くびに気をつけてつま先まで一直線になるようにします。
上げた脚と同じ側の腕もまっすぐ伸ばし、軸足の流れるような動きに従って、やや開きかげんに回します。

指先まで一直線になるように、けっして気を抜いてはいけません。
もう一方の手は後ろに伸ばします。

頭をしゃんと高く揚げ、顔は正面を向きましょう。
このポーズは、飛ぶのを阻止されている様子、もしくは、これから飛ぼうとしている様子を表現しているのです。

数多いバレエのポーズの中でもっとも美しいといわれるポーズがこのアラベスク。
どちらかの足を軸にしてもう片方を後ろ90度の位置までピンと伸ばします。

アラベスクの変形に、軸足を半分曲げるポーズもあります。
ロシアのダンサーは、後ろの脚をひざから上に曲げるポーズ(アティテュード Attitude)をよくとりますね。
バレエの振り付け師は、さまざまな変形をよく考え出すものです。

(レニングラード国立バレエ団 レッスンマニュアルより)

直線上に配置

    レニングラード国立バレエ団オフィシャルサイト http://www.leningrad-ballet.jp/dancer/