3月5日       雨月物語   1953年 (昭和28年)      邦画名作選
直線上に配置              

戦国の世、貧しい陶工・源十郎は妻子を捨て、若狭姫と名乗る美しい女性と暮らし始める。

だが若狭姫の正体に気づいた源十郎は、若狭姫を捨てて故郷に逃げ帰る。
家に帰ってみると家には眠っている子供と妻が居たが、その妻は…。


巨匠・溝口健二が上田秋成の原作「雨月物語」を映画化。

戦争の惨禍、無常観を背景に、欲におぼれる男の姿、また、その犠牲になり、哀怨から死霊となって
男を待つ女を幽玄の絵巻にまとめあげた珠玉の名編。

この映画は、ヴェネチア国際映画祭で最優秀賞を受賞し、溝口の名声を決定的なものとした。


  製作 大映
  監督    溝口健二
     
  配役    若狭 京マチ子 藤兵衛 小沢栄
      阿浜 水戸光子 右近 毛利菊枝
      宮木   田中絹代              老僧    青山杉作 
      源十郎 森雅之

直線上に配置