3月11日  スゥィート・メモリーズ (5) だっこちゃん   1960年  (昭和35年)
直線上に配置


「だっこちゃん」って、知ってる?
お父さんやお母さんは、きっと知ってるかもね。

みんながまだ生まれていない1960年に発売されて、大ブームをまき起こしたんだよ。
空気を入れてふくらませる、ビニールでできただっこちゃんは、うでがクルッとまるくなってて、
どこにでもすぐにだっこされちゃう、みんなの大の人気者だったんだ。

でもね、だっこちゃんは、ずーっとむかしから アフリカに住んでいる人たちに似ているっていう理由で、
人種差別(じんしゅさべつ)をなくそうとしている団体から 批判(ひはん)されてしまったんだ。
だから、お父さんやお母さんの時代のだっこちゃんは だんだんと、世の中から姿を消してしまったんだよ。

昭和35年に「だっこちゃん」というビニール製の人形が大流行しました。
だっこちゃんというのは愛称で、正式名称は「木のぼりウインキー」といいます。
目がウインクする様に作られているからです。

当時はニセモノもたくさん出回ったそうですが、そのほとんどはウインクしなかった様です。
大きいものでは高さ1m程のものもありました。

ところが、昭和64年、人権擁護団体から抗議を受けてしまいました。
黒い肌色に腰ミノをつけた姿が「黒人差別」を象徴しているというのです。

そして、ついにだっこちゃんは世の中から姿を消してしまいました。

幼い頃、確かに我が家にもダッコちゃんがいました。
ダッコちゃんを話題にして家族で談笑した記憶があります。
もう二度と会えなくなってしまったけれど、だっこちゃんは、私たちの思い出に残っている、永遠のお友達なのです。

直線上に配置