3月12日    ルンバ   (Rumba)          サルサ
直線上に配置


キューバの首都ハバナで、週末に公園などに行ってみると、コンガ、ボンゴ、マラカスなどの打楽器を車から持ち出して、
ルンバで楽しんでるおっさん達(ルンベーロ=ミュージシャン)がいます。

この「ダンボール」的感覚が常にキューバの音楽には見え隠れしています。

ルンバは、19世紀の初め、キューバのアフリカ系移民の間でおこった舞踊音楽です。
大きさの異なる3つのコンガが、それぞれが異なるリズムを奏でて複雑なリズムを作ります。

(ルンバの歴史)

16世紀、カリブ諸国最大の島キューバの原住民カリブ族は、スペインによって絶滅させられてしまいます。
18世紀にかけて、キューバの広大な砂糖きびプランテーションの労働力をまかなうためにアフリカから多くの奴隷が送り込まれました。

19世紀、アフリカ黒人のリズムとスペインのメロディとの融合の結果、ルンバが生まれました。

20世紀の初め、アメリカやヨーロッパに紹介されたルンバは、より都会的に洗練され、競技ダンスの正式種目に認定されました。

アフリカ音楽に起源をもつ高揚感あふれる複雑なリズムと、スペイン音楽の美しいメロディーが絶妙に融合したルンバは、
情熱的な男女の愛の葛藤を表現する踊りとされ、多くの人達を惹き付けてやみません。

直線上に配置

                         Quizas, quizas, quizas (Osvaldo Farres)