3月19日        不思議の国のアリス(3)   (コーカスレース)
直線上に配置                      

ドードー鳥が言った。「体をかわかすのに一番いい方法は、コーカスレースだ」
「コーカスレースって何?」とアリス。

ドードーは「やってみればわかる」と言い、コーカスレースをすることに。

ドードー鳥はまず、レースのためのコース線をまるく書きました。
それから一同みんな、そのコースのあちこちでいちにつきます。

そしてだれも「よーい、どん!」といわないのに、みんなすきなときに走りだしました。
三〇分かそこら走ると「かけっこおわり!」ドードーがいきなりさけびます。

するとみんな、はあはあ言いながら、聞きました。「でも、だれが勝ったの?」

「みんな勝ったんだ。だからみんなが賞品をもらわなければならない」とドードー鳥。 
「でもだれが賞品をくれるんだい?」

「そりゃ、もちろんこの子だよ」ドードーはアリスを指さしました。
するとみんながアリスのまわりにあつまって、くちぐちにさけびます。「賞品! 賞品!」

困ったアリスが、ポケットに手をいれると、キャンデーがでてきました。
そしてそれを賞品としてわたすと、ちょうどみんなに一つずつありました。

するとその時、あの白ウサギが、大あわてで、アリスの目のまえを走っていきました。
「たいへんだ、たいへんだ、手袋と扇子(せんす)をなくしてしまった!」

見ると、アリスの足もとに、白ウサギの手袋と扇子が落ちているではありませんか。

「どこへ落としたんだろう。見つからないと、女王さまに死刑にされてしまうぞ!」
アリスは大声で叫びます。「ウサギさん、まってくださいな、手袋と扇子は、ここにありますよ!」

アリスは、急いで手袋と扇子をひろうと、走り出しました。
でも、体が小さくなったアリスは、とても追いつけません。とうとう、白ウサギを見失ってしまいました。

直線上に配置